マネキン紹介所として創業後、半世紀。接客・販売スタッフの紹介・派遣を得意とする人材会社です。

電話でご登録

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

株式会社ジョビア
Menu

スタッフブログ

売れるアパレルショップがやっている 閑散期に集客数を増やす方法

2020/02/05

洋服

 

こんにちは♪ジョビア アパレルブログ担当です!

 

閑散期という言葉、みなさんはご存知でしょうか。

閑散期とは売り上げが低迷しがちな特定の時期をさし、アパレル業界をはじめ、2月はさまざまな業種においてその状況が当てはまります。

 

今回は、閑散期でも集客数を増やすコツやレイアウトについて解説していきます。

 

閑散期について知る

 

閑散期を乗り越えるには、まずはなぜ閑散期という時期があるのかを知っておく必要があります。

 

冬物衣料はすでに買い終わり、春物を買うにはまだ気温が低いため、2月と8月はアパレルショップに足を運ぶ機会が大幅に減少します。

とはいえ、お店は通常通りに営業し、売り上げも確保しなくてはいけません。

そのためにも、少しでも集客につながる施策が求められます。

 

2月のニーズを把握する

 

2月はおもにニーズが二分します。

 

ひとつは、クリアランスセールやファイナルセールといった再値下げニーズ。

このニーズのお客さまはより安くお買い得な商品を求めています。

もうひとつは、春物の先買いニーズです。

この時期は、トレンドに敏感で感度の高いお客さまも来店します。

 

それぞれのニーズをキャッチするレイアウト

 

再値下げと先買いニーズはとても対照的。

その対照的なふたつのニーズを取り込むには、『差別化』を意識したレイアウトが重要に。

 

ディスプレイと入口には数週間後には着用できる春アウターを打ち出し、周辺のスペースには比較的低単価で手に取りやすいアイテムを展開します。

再値下げ商品は入口から離れたところに区分けして、ワゴンと傾斜ラックで展開を。

 

プロパーとセールのレイアウト構成比

 

レイアウト構成比は在庫量とニーズによっても変動しますが、8:2(P:S)を目安にするといいでしょう。

 

プロパースペースはきれいだけれどもセールラックは雑然としている……といったことがないように、商品整理も手分けして行います。

 

 

 

さいごに

 

この時期は接客サービスの見直しも大切です。

 

セールニーズとプロパーニーズのどちらにも、親切でていねいな接客対応が必須!

今後の顧客へとつながる可能性を念頭に置きつつ、時間をかけた接客と質の高いサービス提供の徹底を。

女性

販売・接客・パートのお仕事をご紹介します

JOBIA 株式会社ジョビア

〒220-0004
横浜市西区北幸1-11-11 NOF横浜西口ビル8階

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

やりたい仕事を自分で探して応募する方

「横浜でアパレルの仕事がしたい!」等、やりたい仕事が決まっている方は、求人検索から探して応募してください。応募後は、当社からご連絡差し上げます!

お仕事を紹介してほしい方

「どんな仕事がいいかわからない」という方は、WEB登録からエントリーしてください。当社からご連絡差し上げますので、一緒にお仕事を探しましょう!

WEB登録

HOMEに戻る