マネキン紹介所として創業後、半世紀。接客・販売スタッフの紹介・派遣を得意とする人材会社です。

電話でご登録

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

株式会社ジョビア
Menu

スタッフブログ

アパレル販売員はぜひ使いこなしたい!「クッション言葉」の種類と使い方

2018/03/28

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です。

 

家にて、(なんとなく座りにくいなぁ)と思ったら、長年愛用していたクッションがくたびれていることに気づきました。

すぐインテリアショップに行き買い替えましたが、新品のクッションはふかふか、生地の触れ心地もよく最高!

リラックスタイムが至福すぎます(笑)

クッションって消耗品なんですよね。

みなさんも座り心地がイマイチだったり、インテリアがどうも決まらないと感じたら、クッションを新しくするのがおすすめですよ。

 

さて、アパレル販売員みなさん。

リアルなクッションだけでなく、接客にも「クッション」をはさむと、よりスムーズに伝わったり好感をもっていただけることをご存知でしょうか?

今回は、「クッション言葉」の種類と使い方についてのお話です。

 

■お詫びがより伝わるクッション言葉「あいにくではございますが」「申し訳ございませんが」

 

欠品や手違いがあった際、まっさきに、

「欠品しておりまして…」

「手違いがございまして…」

と、お詫びしていませんか?

 

すぐ謝罪の意を伝えていますし潔くも感じますが、お客さまからすれば唐突なため戸惑われてしまうことも…。

「あいにくではございますが、欠品しておりまして…」

「申し訳ございませんが、手違いがございまして…」

と、クッション言葉をはさむと、お互い一瞬冷静になれますしお詫びのきもちもより伝わります。

 

■クレームを減らせるクッション言葉「失礼ですが」「お差支えなければ」

 

お客さまの難しい注文やクレームに対して、

「いかがいたしましたか?」

「詳しくお聞かせ願えますか?」

と、詳細を伺う機会も多いものです。

 

こちらはていねいに接しているつもりでも、お客さまからすれば、

(何度説明すればわかるの?)

(時間がかかるのかしら、嫌だなぁ)

と、イライラしてしまったり不安を感じやすくなってしまいます。

 

「お差支えなければ、詳しくお聞かせ願えますか?」

「失礼ですが、いかがいたしましたか?」

と、クッション言葉をはさめば、気遣われていることや尊重されていることを実感できるため自然に(詳しく話そう)(この販売員さんを信頼しよう)と思っていただけます。

 

いかがでしたか?

今回ご紹介したクッション言葉は、数あるなかのほんの一部です。

マナーや言葉遣い、会話力について書かれた本に載っていることが多いですから、ぜひチェックしてみてくださいね。

女性

販売・接客・パートのお仕事をご紹介します

JOBIA 株式会社ジョビア

〒220-0004
横浜市西区北幸1-11-11 NOF横浜西口ビル8階

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

やりたい仕事を自分で探して応募する方

「横浜でアパレルの仕事がしたい!」等、やりたい仕事が決まっている方は、求人検索から探して応募してください。応募後は、当社からご連絡差し上げます!

お仕事を紹介してほしい方

「どんな仕事がいいかわからない」という方は、WEB登録からエントリーしてください。当社からご連絡差し上げますので、一緒にお仕事を探しましょう!

WEB登録

HOMEに戻る