マネキン紹介所として創業後、半世紀。接客・販売スタッフの紹介・派遣を得意とする人材会社です。

電話でご登録

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

株式会社ジョビア
Menu

スタッフブログ

目のかゆみ、鼻づまり…アパレル販売員の大敵「花粉症」を乗り切る方法

2018/03/21

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です。

 

とんでますね、スギ花粉が。

わたしはずっと花粉症とは無縁だと思っていたのですが、今年は目にムズムズした違和感があったり、鼻がグズグズしたりと(もしや花粉症?)と思われる症状に少し悩まされています。

こんどのお休みに、耳鼻科に行って診てもらおうと思っているのですが、花粉症じゃないといいなぁと思う反面…

かぶれや炎症などのややこしい病気ではなく、花粉症であってほしいなぁとも思う矛盾を抱えています(笑)

 

さて、アパレル販売員のみなさん。

花粉症の人もわたしのように花粉症疑惑濃厚の人も、大丈夫な人も、目や鼻になんらかの違和感があると不快だし気になるしで仕事の能率もうんとさがってしまいますよね?

仕事中だけでなく、メイクのノリがイマイチだったり、寝つきがわるくなってしまったり睡眠が浅くなってしまったりという困ったことも多々。

そこで今回は花粉症を乗り切る方法をご紹介します!

 

■花粉症に効く飴は強烈ミントより「有効成分入り」

 

花粉症疑惑のわたしが、さっそく試してみてよかったのはドラッグストアで販売されているのど飴です。

鼻にもよいとあったのですが、その理由は免疫力を高める「プロポリスエキス」や、殺菌作用と粘膜を丈夫にする効果が期待できる「シソエキス」が配合されているからだそうで、なめるだけで鼻がスッとし、のどもさわやかになります。

鼻をスッキリさせるというと、強烈なミント味のタブレットや飴に頼りがちですが、強烈なミントは「スッキリしたような気分」になるだけだったり、一時の気休めだったり。

やはり、症状にしっかり「効く」有効成分が入っているものがおすすめです。

 

■塗っても治らないかゆみやガサガサは「飲むかゆみ止め」でケア

 

掻いたりこすってしまい、目のまわりがガサガサ。

鼻のかみすぎで小鼻が真っ赤、ひどい皮むけ。

 

どちらも、お客さまと接近するアパレル販売員にとっては困る事態ですよね。

少しでもよくなればと保湿やかゆみどめを念入りにしても、なかなかよくならなかったりします。

そこでおすすめは、飲むタイプのかゆみ止め!

ドラッグストアでも購入できますし、耳鼻科でも処方してもらえますが、いろいろあるかゆみ止めのなかでは飲むタイプがすばやく効き、効き目が長持ちします。

からだの中からかゆみを抑え、塗り薬や保湿でケアすれば肌ダメージが低く治りもはやくなりますよ。

 

いかがでしたか?

今回ご紹介したのは、わたし自身が試してみてよかったり、まわりの花粉症のベテランさんがおすすめする方法です。

花粉症シーズンはまだまだ続きますから(スギの次はヒノキ!)、しっかりケアしてきもちよく春を過ごしてくださいね。

女性

販売・接客・パートのお仕事をご紹介します

JOBIA 株式会社ジョビア

〒220-0004
横浜市西区北幸1-11-11 NOF横浜西口ビル8階

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

やりたい仕事を自分で探して応募する方

「横浜でアパレルの仕事がしたい!」等、やりたい仕事が決まっている方は、求人検索から探して応募してください。応募後は、当社からご連絡差し上げます!

お仕事を紹介してほしい方

「どんな仕事がいいかわからない」という方は、WEB登録からエントリーしてください。当社からご連絡差し上げますので、一緒にお仕事を探しましょう!

WEB登録

HOMEに戻る