マネキン紹介所として創業後、半世紀。接客・販売スタッフの紹介・派遣を得意とする人材会社です。

電話でご登録

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

株式会社ジョビア
Menu

スタッフブログ

アパレル販売員も真似したい!「自然に人が集まり、自然に売れる接客テク」

2018/02/14

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です。

 

きょうはバレンタインデーですね!

先週、デパートの催事場で開催されているチョコレート売り場に行ったら…

毎年ながら、まるで満員電車で揺られているような混雑ぶりと熱気でした(笑)

チョコレート売り場にはたくさんのブースがありますが、よくよく観察すると、人が多く集まっているところとなぜか少ないところは、「販売員」に差があることに気づいたのです。

そこで今回は、アパレル販売員がカリスマチョコ販売員から学びたい「自然に人が集まる接客テク、ファンを増やし自然に売れるコツ」についてお話します。

 

■「アイテム」と「ニーズ」を徹底的に熟知する!

 

販売において、取り扱う商品のジャンルを問わず、お客さまが知りたいのは、

 

・こういったアイテムが欲しいが、はたしてこのショップにあるのかないのか?

・このアイテムよりもお得なもの、じぶんに似合うもの(じぶんのニーズに合うもの)がないか?

・今シーズンの流行や人気のアイテムは?

 

以上、3つがほとんどです。

バレンタインのように季節限定のイベントだと、お客さまの要望や欲求もさらにはっきりし強くなりますが、チョコレート売り場でお客さまが多く集まり、多く購入されてているブースの販売員を見ると、

 

・足を止めたお客さまへのアプローチ

・アプローチからのヒアリング

・ヒアリングで得た情報(=要望、欲求)に応える情報量、説得力

 

が、スマートで完璧だったのです。

 

■お客さまの「得」を提供しつつ、あえて「ひく」

 

例えばお客さまが10代の学生であれば、

「(バレンタインは)誰にあげるの?」と、お姉さんっぽくアプローチ。

誰にあげるのかを聞いたら、迷わずに「でしたら、こちらがおすすめです!」とアピール。

会話が途切れたら、「同じくフランスのチョコレートでしたら、○○さんと△△さん(ブランド名)がございまして、場所はあちらになります。ぜひご試食されてきてくださいね」と、おすすめしたりもしていました。

(え?ほかのブースをおすすめしてしまっていいの?)

と、思うかもしれませんが、何人ものお客さまが、「ありがとう、行ってみます。じゃあとりあえず…これとこれをください」と、清清しいほどきもちよく購入されていたのです。

 

ただひたすらおすすめるのではなく、あえて「ひく」こと。

そして常に第一に、お客さまの「得」を提供することで人が集まり商品も売れ、ファンも増えるのですね。

 

いかがでしたか?

チョコレートと服、ジャンルは違えど真似して損はないテクニックだと痛感したので、ご紹介しました。

そうそう…

チョコレート売り場には、逆に残念な販売員もいました。

それは、忙しさのあまり笑顔がないどころか、ひきつった顔で余裕のない販売員。

そして、目の前にたくさんのお客さまが行き交うのに、お声がけをしない販売員です。

「笑顔」と「積極性」

アパレル販売員のみなさんも、常にキープしてくださいね!

女性

販売・接客・パートのお仕事をご紹介します

JOBIA 株式会社ジョビア

〒220-0004
横浜市西区北幸1-11-11 NOF横浜西口ビル8階

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

やりたい仕事を自分で探して応募する方

「横浜でアパレルの仕事がしたい!」等、やりたい仕事が決まっている方は、求人検索から探して応募してください。応募後は、当社からご連絡差し上げます!

お仕事を紹介してほしい方

「どんな仕事がいいかわからない」という方は、WEB登録からエントリーしてください。当社からご連絡差し上げますので、一緒にお仕事を探しましょう!

WEB登録

HOMEに戻る