マネキン紹介所として創業後、半世紀。接客・販売スタッフの紹介・派遣を得意とする人材会社です。

電話でご登録

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

株式会社ジョビア
Menu

スタッフブログ

アパレル販売員ならぜひ考えてみたい「適切&効果的な声のトーン」とは?

2018/02/07

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です。

 

先日、ボーっとテレビを観ていたら…

いきなり音量が爆発的に大きくなり、心臓がとまるくらいドキッとしてしまいました。

わけがわからずうろたえ、主電源でテレビを切ったはいいものの、それからどうしていいかわからずしばし呆然。

とりあえずイヤホンを繋げ、音が出ない状態にしてから音量を通常までさげることで解決しましたが、よく見たら座っていたクッションにリモコンが挟まっていたんです。

おしりでリモコンを押していたんですね(笑)

こんなドジをする人はいないかもしれませんが、爆音は心臓にわるいだけでなく近所迷惑にもなってしまうので、くれぐれも気をつけてくださいね。

 

さて、アパレル販売員のみなさん。

「おおきな声」は、基本的によいものとされていますよね?

あいさつ、お礼、呼び込みなどは基本「おおきな声」ですることがよいとされています。

しかし、ただただおおきければよいというものではありません。

それこそ、至近距離で場違いなおおきい声を出せば、わたしのうっかりのように心臓がとまるくらいどきっとしてしまいかねません。

今回は、声の大小についてアパレル販売員のみなさんにお話ししつつ、いっしょに考えたいと思います。

 

■お客さまが近くにいるときは「語りかける」トーンで!

 

アパレルショップで買いものをしていて、急に横や背後から「いらっしゃいませー!」「おためしくださーい!」とおおきすぎる声がし、ビクッとした経験がある人は決して少なくないです。

お客さまを驚かせたり、ストレスを感じさせてしまってはアパレル販売員失格ですよね…。

声がおおきく元気がよいのは、とてもよいことです。

でも、お客さまがごく近くにいらっしゃるときは、まずそのお客さまに向けて語りかけるように声をだすようにしましょう。

お客さまを驚かせないため、というのはもちろんのこと、すぐ近くにいるのに遠くの人に言うようなトーンでは、お客さまが無視されたように感じてしまうのを防ぐ意味もあります。

 

■あえて「ちいさな声」をつかうのも上級アパレル販売員テクニック!

 

常連のお客さまへの接客、または「ここぞ」というときにこそ、あえて「ちいさな声」をつかうというテクニックもあります。

お得な情報、こっそり教えたい情報を、こっそり耳打ちするような感じで、あえてちいさめな声で伝えてみてください。

お客さまは、特別感を味わったり、

(誰もが知り得ないすごい情報が得られた!)

という、ちょっとした興奮を味わいます。

 

「こちら、ラスト一点です」

「ここだけの話、いちばん売れているカラーは…」

 

といった接客トークはナイショ話をするような雰囲気で、あえてちいさなトーンで伝えてみてくださいね。

 

いかがでしたか?

声は大きければ大きいほどいい、テンションが高ければいいのではない、ということがわかってもらえたらうれしいです。

いろんなお客さまがいて、いろんなシチュエーションがあります。

臨機応変に適切に、こころに届く「声」を発せるアパレル販売員になりましょうね。

女性

販売・接客・パートのお仕事をご紹介します

JOBIA 株式会社ジョビア

〒220-0004
横浜市西区北幸1-11-11 NOF横浜西口ビル8階

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

やりたい仕事を自分で探して応募する方

「横浜でアパレルの仕事がしたい!」等、やりたい仕事が決まっている方は、求人検索から探して応募してください。応募後は、当社からご連絡差し上げます!

お仕事を紹介してほしい方

「どんな仕事がいいかわからない」という方は、WEB登録からエントリーしてください。当社からご連絡差し上げますので、一緒にお仕事を探しましょう!

WEB登録

HOMEに戻る