マネキン紹介所として創業後、半世紀。接客・販売スタッフの紹介・派遣を得意とする人材会社です。

電話でご登録

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

株式会社ジョビア
Menu

スタッフブログ

デパ地下や食品売り場のタイムセールで売り上げを伸ばすコツ

2019/11/27

タイムセール

 

こんにちは♪ジョビア フードブログ担当です!

 

ショッピングモールやスーパーの食品売り場、デパ地下などでは、閉店時間が近づくと値引きやタイムセールが実施されますよね。

そんなとき、いろいろなお店を注意して見ているとお店によって売れ行きに差があることがわかります。

 

今回は、デパ地下や食品売り場のタイムセールを成功させるコツをいくつか解説していきます。

 

お客さまは値引きやタイムセールを待っています

 

閉店近くに来店されるお客さまのなかには、値引きやタイムセールが開催される時間帯をご存知の方も多くいらっしゃいます。

また、値引きされるタイミングを見はからって、まとめて買いたいと思われているケースも。

 

複数名のお客さまが近くにいるとき

 

値引きやタイムセールは、たくさんのお客さまでにぎわっているお店ほどほかのお客さまを引き寄せる相乗効果が期待できます。

それを踏まえたうえで、複数名のお客さまが近くにいるタイミングにはじめるのがベスト!

 

「ただ今より全商品半額になります!」という呼び込みを聞いたお客さまは、すぐにお店を見に来られることでしょう。

 

呼び込みも同じタイミングで

 

呼び込みはタイムセールに必須ですが、この場合もお客さまが近くにいるときに行ってください。

 

呼び込み → お客さまが集まる → お買い上げ ~ 呼び込み → お客さまが集まる → お買い上げ

といった流れを継続させることで、確実に売り上げにつなげることができます。

 

ポップを活用する

 

呼び込みは耳から入る情報。

ポップは、呼び込みが届かない距離にいる方にも視覚的に訴えることができます。

 

『全商品〇%OFF!!』・『どれでも3パックで500円!!』

など、ひと目でわかる内容、大きな文字や赤文字で記載するのが効果的です。

 

 

さいごに

 

タイムセールと値引きはとてもニーズが高い施策のひとつ。

今回解説した『呼び込み・ポップ』を積極的に取り入れて、お店の活気づくりとともに目的のあるお客さまには確実にお買い上げいただきたいですね。

冬コートのお直しをマスターして売れるアパレル店員になろう

2019/11/27

お直し

こんにちは♪ジョビア アパレルブログ担当です!

 

11月・12月は冬アウターニーズが継続する重要な時期。

アパレルショップにはブルゾンやコートを求めて日々たくさんのお客さまが来店され、お直しを希望される方も少なくありません。

 

今回は、冬コートの接客時に見受けられるお直しについて解説していきます。

 

冬コートにありがちなお直し箇所

 

ほとんどのアパレルショップでは、コートやブルゾンといったアウター類もサイズ展開しています。

大半のお客さまはお直しをせずにそのまま着用していますが、明らかにサイズが合わないときにはお直しを提案します。

 

そして、アウター類のお直しで依頼を受けやすいのが、肩幅詰め・袖丈詰め・着丈詰めです。

身頃はちょうどいいけれど肩幅が大きい、肩幅は合っているけれど袖丈と着丈が長いといったケースが多いのではないでしょうか。

 

お直しを失敗しないための採寸方法

 

冬用アウターは地厚なものや中綿入りなど、比較的採寸しにくい素材が中心となるため、お直しをする際には注意が必要です。

ここでは、それぞれのパーツを正しく採寸する方法を解説しましょう。

 

・肩幅詰め

肩幅を詰めるときは、左右それぞれの肩の中心くらいに位置する布を袖付けと平行につまみます。

そして、つまんだ布の分量を調整しながら肩から落ちて余っている部分を背中心方向に寄せて、実際の肩幅より1センチほどゆとりを持たせた状態でピン打ちをします。

 

・袖丈詰め

袖丈も袖の中間くらいの位置で布をつまみ、鏡を見ながらご希望の長さに合わせてピン打ちします。

 

・着丈詰め

着丈は裾を内側に折ってピン打ちをする方法がスタンダードですが、中綿入りや素材が地厚なときには裾よりも10~20センチほど上の位置でピン打ちします。

 

 

 

さいごに

冬コートのお直しを完璧に仕上げるには、素材の厚さを計算に入れてピン打ちすることです。

また、実際に短くした状態を確認していただき、お直し上がりのイメージをご自身の目で確認していただくのも大切。

 

サイズが合わないお客さまにはお直しを提案して、よりぴったりで快適な着心地を体感していただきましょう♪

人気のカフェやレストラン~天気が悪い日でもにぎわっている理由

2019/11/20

カフェ

こんにちは♪ジョビア フードブログ担当です!

 

雨や雪が降ると、交通機関の乱れや少しでも早く勤務先や自宅に着きたいといった心理が働き、飲食店はどうしても客足がにぶくなりがちですよね。

ですが、お店によっては天候に左右されることなく、お客さまが足を運んでいるところもあるようです。

 

今回は、天気が悪い日でもお客さまでにぎわうカフェやレストランの特徴をいくつか解説していきます。

 

普段から声がけを忘れない

カフェやレストランには定期的に来店されるお客さまがいるものですが、顔がわかるお客さまには「いつもありがとうございます」・「いってらっしゃいませ」・「帰りもお気を付けて」など、簡単な声がけを実践しています。

 

このように、ちょっとしたコミュニケーションを積み重ねることで、そのお客さまは「やっぱり今日も寄ってみよう」という気持ちになるのですね。

 

お客さまに必要なサービスを提供している

雨や雪の日にはどのお店も傘立てを用意しています。

ですが、雨雪でコートやカバンがひどく濡れてしまった場合、席に着くだけでも大変な思いをしてしまうもの。

サービスが行き届いているお店では、レジやカウンターまわりに水分をさっと拭き取れるペーパータオルを設置しています。

 

このようなイレギュラー的なサービスを提供できるか否かは、そのお店の責任者やホール担当者によって差が生じているようです。

 

客数増加につながる施策を実践している

悪天候の日は客数が減少するのは容易に想像できます。

その後の結果は、少しでも客数増加につながる施策の有無によって大きく変わっていきます。

 

雨雪の日は、『スタンプ2倍』・『コーヒーのおかわり自由』・『ドリンクは2杯目から半額』など、思わず行きたくなるキャンペーンを打ち出しています。

 

 

 

さいごに

これらの対策や施策はどれも、『雨雪の日でも快適に過ごせる』・『雨雪の日はお得』といったイメージにつながり、結果的に『お店に立ち寄りたくなる』のです。

 

みなさんがカフェやレストランのホールスタッフとして働くときはぜひ、お客さまファーストとなる接客サービスを心がけてくださいね♪

アパレルショップの接客で使える ワンピースの着回しコーディネート

2019/11/20

ワンピース

こんにちは♪ジョビア アパレルブログ担当です!

 

ワンピースといえば、『結婚式やパーティーで活躍するお出かけ用』というイメージがあるのではないでしょうか。

でもじつは、ちょっとしたアレンジを加えることで新鮮な着こなしを楽しむことができる便利アイテムでもあるのです。

 

今回は、ワンピースをいろいろなテイストで着回せるコーディネート術をいくつかご紹介しましょう。

 

プルオーバートップス×ワンピース

ワンピースにプルオーバー(かぶるタイプ)トップスの組み合わせは、そのアイテムのイメージを大きく変えることができるコーディネート。

 

ざっくりとしたローゲージニットや透け感のあるレース編みニットを合わせると、フェミニンなワンピースをカジュアルダウンできます。

また、ビッグシルエットのニットやトレーナー合わせでは、よりカジュアルな着こなしに。

カジュアル派にはソックス×スニーカーコーデ、きれいめに仕上げるならヒール付きブーツ……というように、靴によってもテイストをアレンジできます。

 

ボリュームカーデ×ワンピース

オケージョン(結婚式やパーティーなどのイベント用)ワンピースには、レーシーな羽織ものや光沢のあるストールを合わせるのがスタンダードですが、ざっくりと編まれたケーブルタイプや毛足の長いシャギーカーデを羽織る着こなしもおしゃれです。

 

襟足部分を後ろに落とした襟抜きコーデ×ウェッジソールブーツを合わせると、こなれ感のあるスタイリングが完成します。

 

インナー×ノースリーブワンピース

ノースリーブワンピースは、インナーを着るとジャンパースカートとして着回せます。

 

インナーにはブラウスやレース素材のカットソーを選べば、着ぶくれの心配もありません。

また、その上からカーディガンを羽織ったレイヤードスタイルも◎!

 

 

 

さいごに

ワンピースは1枚着としてだけではなく、少しのアレンジでいつもとはまったく違う着こなしが楽しめます。

 

店頭着用はもちろんのこと、これらの着回し術は結婚式やパーティーニーズの接客にも積極的に活用してくださいね!

デパ地下の食品販売の仕事で使える 繫忙時を乗り切る接客のコツ

2019/11/13

販売スタッフ

こんにちは♪ジョビア フードブログ担当です!

 

デパ地下の食品売り場では、ランチタイムと夕方になるとたくさんのお客さまが来店されます。

そしてこの時間帯は、オーダーや会計待ちの行列ができることもめずらしくありません。

 

今回は、繫忙時でもお客さまをイライラさせない対応方法や接客のコツを解説していきます。

 

笑顔を絶やさない

 

忙しさが増してくると、人は無意識のうちに無表情になってしまいます。

それは、仕事や業務に集中し真剣に動いているからこそ。

ですが、販売員が無表情で黙々と動いているのは決してよいことではありません。

 

「注文したいけど声をかけずらいからやめておこう」とほかのお店に行かれる方や、「ブスっとしていてなんだか感じが悪いわね」と思われるお客さまもいらっしゃいます。

どんなに忙しいときでも、ほがらかで自然な笑顔をキープしてこそプロの販売員です。

表情づくりが難しい場合は、『口角2ミリアップ』を意識して店頭に立ちましょう。

 

常にテキパキと動く

 

テキパキとした動きは、スピーディーさと同時に『真剣に仕事をしている』ことアピールできます。

 

『テキパキとした動き』+『ほがらかな表情』で動くスタッフは、必然的にお客さまからの評価が高くなります。

 

お客さまへの声がけを忘れない

 

たくさんのお客さまがいるときはどうしても待ち時間が発生してしまいますが、お待ちの方への声がけを積極的に行うだけでお客さまのイライラが大きく緩和されます。

 

「順番にお受けいたしますので少しお待ちくださいませ」・「次に伺いますのでもう少しお待ちくださいませ」など、ちょっとしたお声がけで『あなたの存在を認識しています』ということが伝わります。

 

 

さいごに

 

繫忙時は『声がけ・気遣い・アイコンタクト』の3つのアクションを徹底しましょう。

この3つは忙しくなるほどおろそかになりがちですが、継続して行うことで意識しなくてもできるようになります。

 

繫忙時対策を行うお店で買いものをされたお客さまは、「いつ行っても感じよく対応してくれる」と思ってくれることでしょう。

売れるアパレル店員に学ぶ 結婚式ニーズをキャッチする商品と接客術

2019/11/13

ブーケトス

こんにちは♪ジョビア アパレルブログ担当です!

 

『ジューンブライド~6月の花嫁』という言葉があるように、結婚式といえば6月を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

でもじつは、1年間でもっとも結婚式が多いのは10月・11月なのです。

 

今回は、結婚式ニーズで売れる商品とそのニーズに対応できる接客術について解説しましょう。

 

結婚式ニーズで売れるアイテム

 

結婚式ニーズが増える時期は、ワンピースの売り上げが大きくアップする傾向がみられます。

それは、難しいコーディネートが不要で、ワンピースそのものがエレガントなイメージがあるため。

一枚で『きちんと感』を演出できるワンピースは、結婚式やパーティーにぴったりです。

 

結婚式ニーズに対応できるデザインの特徴

 

結婚式用のアイテムをお探しのお客さまは、素材やデザインがほどよく華やかなワンピースを選ぶことがほとんど。

ここでは、結婚式ニーズに対応できる商品をいくつかピックアップしていきます。

 

・起毛や光沢素材

サテンやシルク、シャンタンのように光沢のある素材、ベロアなどの毛足の長い素材は、華やかなシーンにぴったりです。

色は黒やベージュが中心となりますが、明るめのライトグレーや落ち着きのあるダスティピンクを好まれる場合も。

もちろん、白は主役の花嫁とかぶるためNGとされています。

 

・ノースリーブ+羽織もの

結婚式やレストランパーティーで着用するワンピースは、ノースリーブを選ばれるお客さまが目立ちます。

それは、羽織ものによって雰囲気を変えたり日常使いしやすいことが理由です。

 

 

さいごに

 

結婚式用の商品をお探しのお客さまの多くは、結婚式以外でも着られるアイテムを求めています。

 

結婚式やパーティーではチュールレースやベロア、サテン素材の羽織ものを、普段着使いしたいときはGジャンやカーディガンを羽織って、足もとはスニーカーでハズしたミックスコーデを提案しましょう。

接客では、オンオフで着回せることをアピールするのがポイントです。

Pin 1876

2019/11/07

こんにちは!ジョビアのブログ担当です♪

朝晩は冷え込む季節になってきましたね。今回はそんな季節にぴったりのストールをご紹介します☆

 

Pin1876は「空気のような軽さと繊細さ」をコンセプトにエレガンスを追及したストールブランドです。

老舗の紡績・生地メーカーBotto Giuseppe (ボット・ジュゼッペ)社が、伝統のノウハウを生かし2009年にブランドを立ち上げました。

まず驚くのはその柔らかさ。ふんわりとマシュマロのような肌触りに感動✨

素材はカシミヤ100% 首元を優しく包み込んでくれます。

私は敏感肌なのですが、試着してみると繊維独特の肌を刺激するようなチクチク感は感じませんでした。敏感肌あるあるですが、冬にタートルネックセーターなどで汗をかくと特にかゆくなったりするんですよね(^-^;

でもこちらは大丈夫。カシミヤは保温性・吸湿性が高い素材で、熱は中に閉じ込め、汗は発散してくれるので、寒暖の差があっても快適にずっとつけていられます。

軽さは、つけていることを忘れてしまうほど!!ストールって結構肩凝るんですよね。。。薄くて軽くて何故こんなに暖かいのでしょうか。

カシミヤが吸湿することで中で発熱し、その熱を空気の層で逃さないようにしているため、保温性が非常に高くなっているのです。

 

カラーはベーシックな色からビビッドな色まで50色の展開!!

是非あなたのお気に入りの色を是非見つけてくださいね♪

 

#Pin1876 #ストール #スヌード #カシミヤ #空気感 #肌ざわり #マシュマロ #繊細 #保温性 #吸湿性 #ベーシックカラー #ビビッドカラー #婦人雑貨 #ファッション雑貨 #クリスマスギフト #販売 #販売スタッフ #催事 #短期 #JOBIA #ジョビア #スタッフ活躍中

 

 

 

みなとのてんらんかい 上大岡京急百貨店

2019/11/07

こんにちは♪皆さんお元気ですか?ジョビアのブログ担当です☆彡

すっかり秋らしくなってまいりましたね。今日もお出かけ日和のいい天気☀

何処かショッピングしたいなぁ~と思っている方へ、本日OPENのイギリス雑貨SHOPをご紹介します(*^▽^*)

上大岡京急百貨店7階にオープンした「みなとのてんらんかい」は、昨年ポップアップストアとしてジョビアブログでもご紹介させていただきました☆

可愛らしい雑貨がいっぱいで通いたくなるショップなので、次はいつ来るの~?と待ち望んでいたファンも多いそう。今回は常設店舗としてのオープンですのでご安心くださいね(^_-)-☆

「みなとのてんらんかい」は、兵庫県姫路にて港が見える丘の上の一軒家からスタートしました。絵描きさんや写真家さんが集う「丘の上のギャラリーみなとのてんらんかい」として開放することになったのがはじまりで、お店の名前はそこから来ているんですね。

今では英国コットン生地で仕立てたオリジナル商品から、暮らしを彩る英国輸入雑貨まで幅広い世代の方に愛されるアイテムが揃うショップとなりました。

 

雑貨だけではなく今回アパレルも沢山入ってきましたよ♡

クルミボタンの細身のジャケット、リバティシャツやざっくりリブニット、そしてキッズのツイードチェックワンピースも。

イギリスはパディントンやピーターラビット、「ふたりはともだち」のかえるくんなど小学校の教科書にも取り上げられる有名なおはなしのキャラクターが多いですね。

 

そしてそして、私が注目したのはこちらのコート。可愛い~(/ω\)

私もつい娘のサイズはあるかしら?とチェックしてしまいました♪

秋晴れの日に親子コーデでお出かけはいかがですか?おススメですよ☆

#みなとのてんらんかい #上大岡 #京急百貨店 #リバティ #ジャネットマーレー #グレンクロフト #ハリスツイード #ざっくりニット #タータンチェック #パディントン #ピーターラビット #ふたりはともだち #キッズ #親子コーデ #ファッション雑貨 #販売 #販売スタッフ #長期 #短期 #転職 #転職支援 #ジョビア #JOBIA #スタッフ活躍中

カフェやレストランのホールスタッフで仕事ができる人の特徴

2019/11/06

女性

こんにちは♪ジョビア フードブログ担当です!

 

仕事ができるスタッフがいるカフェやレストランは、常連のお客さまが増えていく傾向があります。

では、仕事ができるホールスタッフとはどのような人なのでしょうか。

 

今回は、カフェやレストランのホールスタッフで仕事ができる人の特徴について解説していきます。

 

コミュニケーション力が優れている

 

カフェやレストランでは、お客さまだけでなくお店のスタッフとのコミュニケーションも必要になります。

 

スタッフとのコミュニケーションがスムーズにはかれているお店では、スタッフの笑顔が増え、必然的に店内の雰囲気が明るくなります。

雰囲気が明るいお店にはたくさんのお客さまが集まり、さらに活気が高まるといった相乗効果にもつながります。

 

視野が広い

 

オーダーを受ける・飲みものや料理を運ぶ・レジ会計・あいた食器を下げるなど、あらゆる業務をこなすホールスタッフには、視野の広さも求められます。

 

ホール内のお客さまの様子やあいた食器の有無、グラスに水が入っているかにも目を配り、スタッフを呼ぼうとしているお客さまやトイレを探している場面にもスピーディーに対応しています。

 

顔がわかるお客さまには率先して声がけをする

 

カフェやレストランには、週に何度も来店される常連のお客さまがいらっしゃいます。

そのようなお客さまには、「いらっしゃいませ・ありがとうございました」といった一般的なあいさつと同時に簡単な声がけを行っています。

 

定期的に来店されるお客さまには「いつもありがとうございます」、

出勤途中に立ち寄られる方には「いってらっしゃいませ」、

仕事帰りにいらした場合は「帰りもお気を付けて」、

久しぶりにいらした方には「お久しぶりです」など、

それぞれのシチュエーションに合わせた声がけをしています。

もちろん、話しかけられたくない様子の方には通常のあいさつのみにとどめています。

 

 

さいごに

 

さまざまな業務をスムーズにこなすには、『コミュニケーション力』と『視野の広さ』が必須。

まずは、仕事ができる先輩スタッフを参考にしながら業務を進めるのが一番の近道といえます。

アパレル販売員に必須! 冬コートが売れる接客のコツ

2019/11/06

コート

こんにちは♪ジョビア アパレルブログ担当です!

 

アパレルショップでは冬アウターが続々と入荷し、どのお店を見てもコートやブルゾンをメインディスプレイに使用しています。

そして、アウターニーズが上昇する11月と12月は冬の実売期にあたる大切な時期。

 

そこで今回は、冬コートが売れる接客のコツやノウハウを解説しましょう。

 

アウターが欲しいお客さまを察知する

 

アウターニーズのお客さまには、共通している動きがあることを知っておきましょう。

 

・店内に入る前からアウターを見ている

アウターニーズのお客さまは目的のデザインを探しているため、通路を歩いているときもコートやブルゾンを見ています。

ディスプレイの前で足を止めている方も同様です。

 

・アウターめがけて入店する

目的のアイテムやデザインを見つけたときは、その商品めがけて入店されます。

このようなお客さまがいらしたときは、サイズ展開とカラーバリエーションなどの商品説明を簡潔に行ってください。

 

・商品を手に取るタイミングが早い

ニーズや目的のデザインが明確なお客さまは、希望に近いアイテムを見つけるとすぐに手に取ってご覧になります。

商品を手に取られている方には、レングス(着丈)やデザインの特徴を簡潔にお伝えし、反応がよい場合はご試着をおすすめします。

 

複数の商品を見ているお客さまの接客方法

 

アウターニーズのお客さまのなかには、欲しいテイストやデザインが決まっていない方もいらっしゃいます。

そのような場合は、『聞き出し』を中心とした接客がカギになります。

 

商品を手に取ったり足を止めて見ているアイテムがあれば、デザインの特徴やサイズとカラーバリエーションを簡潔に伝えてください。

その反応に応じて、お探しのデザインやカラーなどの詳細をお尋ねしていきます。

 

 

さいごに

 

アウターの接客は、お客さまの好みやテイスト、サイズ感も重要になります。

お客さまのだいたいの年代とサイズ、好み、テイストの傾向などは、通路を歩いているときからさりげなく観察するのがキーポイント!

これを意識的に行うだけでも、アウターの購入率が大きくアップします。

女性

販売・接客・パートのお仕事をご紹介します

JOBIA 株式会社ジョビア

〒220-0004
横浜市西区北幸1-11-11 NOF横浜西口ビル8階

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

やりたい仕事を自分で探して応募する方

「横浜でアパレルの仕事がしたい!」等、やりたい仕事が決まっている方は、求人検索から探して応募してください。応募後は、当社からご連絡差し上げます!

お仕事を紹介してほしい方

「どんな仕事がいいかわからない」という方は、WEB登録からエントリーしてください。当社からご連絡差し上げますので、一緒にお仕事を探しましょう!

WEB登録

HOMEに戻る