マネキン紹介所として創業後、半世紀。接客・販売スタッフの紹介・派遣を得意とする人材会社です。

電話でご登録

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

株式会社ジョビア
Menu

スタッフブログ

洋菓子販売の仕事に役立つ! 売りたい商品が売れる陳列のコツ

2018/08/29

こんにちは♪ジョビア フードブログ担当です!

 

「おいしそうなケーキやデザート類がならぶ洋菓子店のショーケースを目にすると、つい足を止めて見てしまう!」という人も多いですよね。
このように人の目を引く商品陳列は、その日の売り上げを大きく左右する重要性の高い業務のひとつ。

 

今回は、売りたい商品を売り上げにつなげることができる陳列方法についてお話ししましょう。

 

メイン商品はゴールデンゾーンに

 

ゴールデンゾーン(ゴールデンライン)は床から約75~135センチの高さをさし、商品を見たときにもっとも視界に入りやすい位置とされています。


このゴールデンゾーンには、季節商品や売り込み商品などその日に売りたいメイン商品を並べていきます。

 

配色も工夫する

 

商品陳列における配色は、視覚的にお客さまの購買意欲へと働きかけることができます。


似たような色合いの商品はひとかたまりにせず、同系色の商品を3~4種類並べて徐々に濃い色(または薄い色)へと変化をつけて陳列します。


たとえば、レアチーズケーキ(白) ⇒ ベイクドチーズケーキ(クリームイエロー) ⇒ チョコレートケーキ(ブラウン)というように、色の流れを意識してください。

 

差し色効果を活用する

 

ショーケースの陳列は、差し色を取り入れることでアイキャッチ効果が高まります。


チョコレート菓子やシンプルな焼き菓子といった比較的落ち着いた色味の横には、フルーツを使用したカラフルな商品を並べると、それぞれの商品の特徴が引き立ちお客さまの目にもとまりやすくなります。

 

カテゴライズを意識する

 

カテゴライズ(類似したカテゴリーごとに分類すること)は、商品をより見やすくするために欠かせない陳列方法。


三段のショーケースには同じカテゴリーのスイーツを3~4種類ごとに縦にカテゴライズすると、顔や目線を動かさすことなく商品を選ぶことができます。

 

 

さいごに


自宅用や手土産としてもニーズが高い洋菓子は、陳列方法の工夫次第で販売数を大きく伸ばすことができます。
洋菓子販売のお仕事をする際は、ぜひこれらのコツを積極的に取り入れてくださいね♪

取り寄せにまつわる素朴な疑問にアパレル販売員がお答えします!

2018/08/29

 

こんにちは♪ジョビア アパレルブログ担当です!

 

このブログを読まれているみなさんは、『商品の取り寄せ』を経験したことがあるでしょうか。
商品の取り寄せはほとんどのアパレルショップで対応してくれますが、どのような手順で行われるのかが少しわかりにくいですよね。

 

今回は、取り寄せにまつわる素朴な疑問にお答えしましょう。

 

取り寄せはどのような場合に行われるの?

 

多くのアパレルショップでは、お客さまが探されている商品が自店にはなくても系列店や本部に在庫がある場合は取り寄せをお受けしています。


おもにサイズや色が欠品しているときに発生することが多くなりますが、購入済みの商品に欠陥があった際にも同様に対応します。

 

在庫がない商品は必ず取り寄せできる?

 

系列店に在庫がある場合でも、もともとの生産数が少ない商品は取り寄せができないときもあります。
それは、系列店の在庫が予約や取り置き分になっているケースもあるためです。


本部と系列店に在庫がある場合は、本部から先に確認するようにしましょう。

 

取り寄せの可否はすぐにわかる?

 

生産数が多い商材の場合は比較的取り寄せしやすくなりますが、取り寄せ可能かどうかは在庫の確保が確実になってからお答えします。

 

取り寄せの可否をその場で知りたい場合は?

 

お客さまには店内でお待ちいただくか、ほかの用事やお買いものをされている間に在庫確認を行います。

 

取り寄せの手順

 

取り寄せ伝票にお客さまのお名前とご連絡先をご記入いただき、受注日・商品名・品番・サイズ・カラー・プライス・担当者名などの必要事項を記入して伝票の控えをお渡しします。


そして、一両日中に在庫の確認を行い取り寄せの可否を連絡し、取り寄せ可能な場合は「入荷次第再度ご連絡いたします」とお伝えします。

 

 

さいごに

 

取り寄せを行う場合はサイズやカラーを重ねて確認し、間違いのないように対応しなくてはいけません。


取り寄せ商品と同サイズの色違いがある場合は一度ご試着いただき、実際に着用したサイズ感や着心地をあらかじめ確認していただくのが理想的です。

カフェの新人スタッフに仕事を早く覚えるもらえる指導・育成方法

2018/08/22

こんにちは♪ジョビア フードブログ担当です!

 

カフェスタッフの仕事は人気が高く、新人スタッフが入店するペースが早いお店もたくさんあります。
新人スタッフへの指導や育成は、店長だけではなく一緒に働く先輩スタッフが担当するケースもめずらしくありません。

 

今回は、カフェの新人スタッフに仕事を教えるコツについてお話ししましょう。

 

まずは一緒にやりながら口頭でも説明する

仕事を覚えてもらうには、まずは自分がやっているところを横で見てもらいながら教えていきます。


たとえば、お客さまが来店したら「いらっしゃいませ」と笑顔でお迎えし、席に案内したらテーブルに水を運ぶというところまでをひと区切りとして、一連の動きを口頭で説明します。


このように、作業内容を短いスパンで区切りながら説明すると混乱することなく覚えることができます。

 

細かなこともメモをとってもらう

カフェの仕事内容は、見た目以上に細かい作業が多いもの。
それぞれの業務に必要な作業内容や注意点など、その都度メモに残してもらうようにしましょう。
この場合、メモをとる間も急かさずに書き終えるまで待つことも忘れてはいけません。

 

模擬練習を重ねる

一連の業務を見せながら教えることを繰り返したら、何度か模擬練習をしてもらいます。
そして、練習しているところを確認しながら助言していきます。

 

フォローしながら実践してもらう

模擬練習を何度か行ったあとは実践に移りますが、いきなりすべてを任せることはしないようにしましょう。


ミスやわからないことがあったときには、すぐにフォローできる距離で見守ります。
必要があれば助言しながら、作業を手伝うようにしてください。

 

 

さいごに

カフェの仕事が初めてのスタッフは、慣れるまで時間がかかるものです。
また、仕事を覚えるスピードも人それぞれ。


最初は簡単な業務から任せて、きちんとできたときには言葉でほめることも大切です。
その人のペースや個性を見極めたうえで的確な指導を行い、それぞれの長所を伸ばしてあげてくださいね。

おしゃれなアパレル販売員がチェックしているファッション情報

2018/08/22

こんにちは♪ジョビア アパレルブログ担当です!

 

アパレル販売員といえば、最新のファッションを身につけているおしゃれな人を思い浮かべますよね。
そして、どのようにしたらおしゃれになれるのかも気になるところではないでしょうか。

 

そこで今回は、おしゃれなアパレル販売員が日ごろからチェックしているファッション情報をいくつかご紹介しましょう!

 

ファッション雑誌

ファッション雑誌は、おしゃれに敏感な人たちが必ずチェックしている情報源。
メーカーによっては、規定内のショップ経費でファッション雑誌を毎月購入するように定めているところもあります。


また、従業員用の休憩室にはファッション雑誌を設置している商業施設も多く、自費で購入しているものを含めると毎月数冊のファッション雑誌に目を通していることになりますよね。

 

他ブランドのHP

競合店や他ブランドのHPは、ほとんどのアパレル販売員がチェックしている情報ツールのひとつ。


各ブランドのオリジナルデザインや打ち出し商品、強化しているカラーやコーディネートパターンなど、さまざまな角度から情報を集めています。

 

有名人のSNS

多くのアパレル販売員は、芸能人やモデル、有名アーティストのSNSも欠かさずチェックしています。


これは、有名人が使用したことをきっかけにブームに火がつくことを頭に入れていち早く情報を収集したり、新たなコーディネート方法を参考にするためでもあります。

 

ファッション業界に特化した情報誌

ファッション業界のニュースや国内外のトレンド情報が掲載されたタブロイドやサイトページも大切な情報ツールです。


現在のトレンドだけではなく、これから注目されそうなアイテムやアパレル業界の情報も知ることができます。

 

さいごに

トレンドやファッションにくわしくなるには、常にたくさんのアンテナをもったミーハー精神も大切といえます。


ほかの販売員とはひと味違うコーディネート提案を取り入れるためにも、新鮮な情報や話題性のあるニュースにも敏感になりたいですね!

アパレル面接に必須! 採用担当者に好印象な志望動機の例文

2018/08/15

こんにちは♪ジョビア アパレルブログ担当です!

アパレルメーカーの面接を受けるときには、どのような志望動機を書けばいいのか悩んでしまいますよね。

じつはこの志望動機は、採用担当者が重要視していることが多いのです。

今回は、アパレル面接で好印象を与えやすい志望動機の例文をいくつかご紹介しましょう。

 

お店・ブランド・商品にまつわる感想を交える

・○○(ショップ名)はいつ見てもショップのディスプレイが素敵なので、私もディスプレイやファッションのことを学びたいと思うようになりました。

 

・○○(ブランド名)は以前から憧れていたブランドでしたので、ショップスタッフとして働きたいと思っております。

○○の製品はデザインだけではなく、シルエットや着心地もとてもよいという印象をもっております。

 

スタッフや接客に関する感想を添える

・通学途中に何度かお店に立ち寄らせていただきましたが、行くたびにスタッフの方が明るく出迎えてくださるので、私もこのお店で働きたいと思いました。

 

ファッションが好きなことを伝える

・以前からファッションに関わる仕事をしたいと考えており、いつもおしゃれな商品を展開している○○(ブランド名やショップ名)でぜひ働きたいと思っておりました。

 

・お店にいらしたお客さまにもファッションの楽しさを伝えられるような販売員をめざし、お店のファンを増やしたいと思っております。

 

将来のビジョンを添えた志望動機

・お客さまに喜ばれる接客対応を積み重ね、将来的にはサブ店長や店長になりたいと考えております。

 

・もともとコーディネートを考えるのが好きですので、先々はディスプレイを任せていただけるように成長し、お店と会社に貢献したいと思っております。

 

さいごに

志望動機は、『働きたいと思ったポジティブな理由』・『先々の目標』を記載することで、前向きな姿勢を印象付けられます。

 

そして、『好きだから働きたい』・『このお店(ブランド)だから働きたい』という熱意も伝えるためにも、今回解説した例文を参考にしてくださいね。

人気が高い職種のひとつ カフェスタッフの仕事内容は?

2018/08/15

 

こんにちは♪ジョビア フードブログ担当です!

みなさんのなかにも「おしゃれなカフェで働きたい!」と考えている人がたくさんいると思いますが、実際にカフェで働くとしたらどのような仕事内容なのか気のなりますよね。

そこで今回は、カフェスタッフの仕事内容について解説していきます。

 

清掃

開店前から出勤する日には必ず清掃を行います。

ホールやテーブル、トイレ、店の入口、カウンター内、レジまわりなど、お客さまが使用するスペースだけではなく、スタッフが使うところも毎日清掃します。

 

席にご案内してメニュー表と水を提供する

お客さまが来店されたら「いらっしゃいませ!」と笑顔でお迎えします。

お客さまに人数を確認してから席にご案内し、メニュー表と水をお持ちします。

 

オーダーされたメニューを厨房に伝える

お客さまがメニュー表をひと通り確認し、オーダーが決まったようであれば注文をうかがい、注文内容と個数を復唱して確認します。

その後、オーダー内容と個数を厨房に伝えます。

 

ドリンクやデザートの準備

お店によっては、ドリンクやデザートはホールスタッフが準備するところもあります。

ドリンクを先にお持ちする場合は、なるべく早く席にお持ちしましょう。

 

オーダーメニューを席まで運ぶ

オーダーメニューが出来上がったら、すぐに席に運びます。

このとき、オーダーとメニュー内容に相違がないかを確認するのを忘れずに。

 

あいた器を下げる

食事が済んだらあいた器を下げます。

そして、グラスの水が少ないお客さまにはすぐに水を足してさしあげます。

 

レジ会計

会計時には、伝票内容を復唱しながらレジを打ちます。

また、預かり金額と釣り銭の金額も口頭で確認することが大切です。

 

テーブルを片付ける

お客さまが帰られたテーブルを片付け、次のお客さまに備えます。

 

さいごに

カフェスタッフはおもにお客さま対応が中心となりますが、キャリアを重ねたスタッフはレジ締め作業を任されることもあります。

ご来店いただいたすべてのお客さまに快適にお過ごしいただくためにも、明るく元気な接客対応とともに広い視野をもちたいですね!

なるほど! 試食販売数を伸ばすお声がけと商品説明のコツ

2018/08/08

 

こんにちは♪ジョビア フードブログ担当です!

 

スーパーやデパ地下に行くと、ときおり見かける試食販売。

「ちょっと食べてみたいなぁ!」と思いつつも、ひとりだと手が伸ばせなかったり「買わないと悪いし……」と思ってしまいがち。

ですが、気が付けば試食していた!という経験がある方もいるのではないでしょうか。

 

今回は、お客さまに気軽に試食していただくためのフレーズや商品説明のコツをわかりやすく解説しましょう。

 

親しみやすい自然な笑顔が大切!

 

お客さまが近くにいない場合も自然な笑顔をキープします。

少し離れたところで別の買いものをしているお客さまがふと顔を上げたときに、試食販売に気付くケースも多いもの。

たまたま見かけた試食販売員が笑顔で呼び込みをしていたら、「ちょっと見てみよう!」と思っていただける確率がグンと高くなります。

 

お客さまの手元に差し出してみましょう

 

ゆっくりと歩きながら見ていたり足を止められたお客さまには、「ご試食だけでもどうぞ♪」と言いながらお客さまの手元に試食品を差し出してみましょう。

この場合、荷物を持っていないほうの手元に差し出すのがポイント!

このアクションを付け加えるだけで、思わず受け取ってくださるお客さまが増えることでしょう。

 

受け取ってから食べ終わるまでが勝負!

 

試食品を受け取ってから食べ終わるまでにかかる時間は10秒ほど。

この間にお客さまの心に残るセールストークを伝えることが大切です。

ここでいうセールストークはキャッチコピーのようなイメージで、あらかじめいくつか用意しておきます。

 

年代と生活背景に合わせたトークを

 

仕事帰りのOLさんには「電子レンジで2分ほど温めるだけで、すぐにお召し上がりいただけますよ!」など、手軽さをアピールするのがおすすめです。

 

 

さいごに

 

試食や食品販売での呼び込みは、普段よりもワントーン高い声で行うこともおすすめしています。

自然な笑顔と明るい声、そして今回解説したコツを取り入れて試食販売数を大きく伸ばしたいですね♪

 

【完全保存版】 アパレル販売員の基礎知識 『接客8大用語』とは

2018/08/08

 

こんにちは♪ジョビア アパレルブログ担当です!

 

アパレルショップに行くと必ず「いらっしゃいませ!」と出迎えてくれたり、帰り際には「ありがとうございました」とお見送りのあいさつをしてくれますよね。

 

じつはこれらのあいさつは、接客業には欠かせない『接客8大用語』に含まれているのをご存知でしょうか。

 

今回は、日ごろからアパレルショップで使われている『接客8大用語』と最適な使用シーンの例、お辞儀に適しているお辞儀の角度もあわせて解説していきます。

 

いらっしゃいませ:お辞儀の角度 30度


来店されたお客さまをお迎えするときに使用するあいさつで、お客さまに届く明るい声とアイコンタクト、そして自然な笑顔がポイント。

また、ご来店いただいた感謝の気持ちも込めましょう。

 

かしこまりました:お辞儀の角度 30度


お客さまになにかを頼まれたときやご要望をうかがった際に笑顔でお応えします。

 

少し(少々)お待ちくださいませ:お辞儀の角度 15度


お客さまをお待たせする場面でお伝えする言葉。 おだやかで自然な笑顔を忘れずに。

 

失礼いたします:お辞儀の角度 15度


お客さまの近くを通るときやお直しなどで体に触れる際にも使用します。

 

大変お待たせいたしました:お辞儀の角度 30度


お客さまにお待ちいただいた際に使用します。

基本的には自然な笑顔で、長時間お待ちいただいた場合はお詫びの気持ちを込めて伝えます。

 

恐れいります:お辞儀の角度 15度


クレジットの署名など、お客さまになにかをお願いするシーンで使用します。

 

申し訳ございません:お辞儀の角度 45度


お客さまにご迷惑をおかけしてしまったときなど、お詫びの気持ちを込めてていねいにお伝えします。

 

ありがとうございます:お辞儀の角度 45度


ご購入が決定したタイミング・伝票記入をしていただいたとき・おほめの言葉をいただいたとき・お見送りのシーンなど、あらゆる場面で使用します。

 

さいごに


接客8大用語は、ホテルや美容室、営業職など、さまざまな業種で使用されています。

おもてなしの気持ちも伝えることができるあいさつは、ひとつひとつ心を込めて使っていきたいですね。

女性

販売・接客・パートのお仕事をご紹介します

JOBIA 株式会社ジョビア

〒220-0004
横浜市西区北幸1-11-11 NOF横浜西口ビル8階

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

やりたい仕事を自分で探して応募する方

「横浜でアパレルの仕事がしたい!」等、やりたい仕事が決まっている方は、求人検索から探して応募してください。応募後は、当社からご連絡差し上げます!

お仕事を紹介してほしい方

「どんな仕事がいいかわからない」という方は、WEB登録からエントリーしてください。当社からご連絡差し上げますので、一緒にお仕事を探しましょう!

WEB登録

HOMEに戻る