マネキン紹介所として創業後、半世紀。接客・販売スタッフの紹介・派遣を得意とする人材会社です。

電話でご登録

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

株式会社ジョビア
Menu

スタッフブログ

春の別れで気落ちしている食品販売員必見!「別れがこわくなくなる」考え方のコツ

2018/03/28

 

こんにちは、ジョビアフードブログ担当です。

 

友人とお花見やプチ旅行についておしゃべりしていたら、ほんの一瞬さみしげな表情を浮かべました。

見過ごすことができず、「どうしたの?」とたずねてみると、「じつは季節のなかで春がいちばん苦手なの…」とぽつり。

理由を聞けば、

「春は別れのシーズンだし、なにかとバタバタして落ち着かないし」とのこと。

わたしは寒い冬がとにかく苦手だから春の訪れが待ち遠しく、春めいてくるだけでウキウキしてしまうくらいなので(え?そうだったの?)と驚いてしまいましたが、これから友人に出会いやたのしい出来事がいっぱい訪れて、春を好きになってくれたらいいなぁと思いました。

 

食品販売員のみなさんも、春はなにかとドラマがあったり気ぜわしかったりすることと思います。

もしかすると、友人と同じく過去もしくは今シーズンに別れがあって、やや気落ちしている人もいるかもしれませんね。

今回はそんな食品販売員のために、春を「うれしく、特別な季節」にする、考え方のコツをご紹介します!

 

■別れがこわくなくなる考え方「出会いと別れは1セット」

 

だいすきな先輩や仲間が職場を去ってしまった。

会うだけで元気をもらえるすてきなお客さまが遠くへ引っ越し(転勤)されてしまった。

じぶん自身、移動などで慣れ親しんだ職場を離れた。

 

…などといった出来事があると、ふと沈んでしまいますよね。

(別れがつらすぎるから、出会うのがこわい)

なんて思ってしまう人もいますが、それはとてももったいないことです。

ここはひとつ、

「出会いの数だけ別れあり、別れの数だけ出会いあり」

「出会ったときからいつか別れることは決まっている、そのときに悔いがないようコミュニケーションを深めよう」

と考えてみるのがおすすめです。

 

・だいすきな先輩にはなんでも聞き、ひとつでも多く教わるようにする

・お客さまが、いつぱったりと足が遠のいてしまってもさみしくならないよう、いつも笑顔でこころのこもった接客を心がける

・「いつも共に仕事をする、顔を合わせる、言葉を交わす」そのことを決して当たり前と思わず、一瞬一瞬と会う人すべてを大切にする

 

この3つを、ぜひ今日からでも試してみてください。

別れがこわくなるだけでなく、あいさつや接客、なにげない会話があたたかく濃いものに変化してくるのを実感できますよ。

 

いかがでしたか?

食品販売員は多くの人に出会う職業です。

とてもすばらしいことなのに、忙しさがすぎるとつい接客を「こなす」感覚になってしまいがち…。

(もっとていねいに接すればよかった)

(あのときああしていれば、こんなことばをかけてあげられてたら)

なんて悔やまないよう、縁を大切にできる人になってくださいね。

アパレル販売員はぜひ使いこなしたい!「クッション言葉」の種類と使い方

2018/03/28

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です。

 

家にて、(なんとなく座りにくいなぁ)と思ったら、長年愛用していたクッションがくたびれていることに気づきました。

すぐインテリアショップに行き買い替えましたが、新品のクッションはふかふか、生地の触れ心地もよく最高!

リラックスタイムが至福すぎます(笑)

クッションって消耗品なんですよね。

みなさんも座り心地がイマイチだったり、インテリアがどうも決まらないと感じたら、クッションを新しくするのがおすすめですよ。

 

さて、アパレル販売員みなさん。

リアルなクッションだけでなく、接客にも「クッション」をはさむと、よりスムーズに伝わったり好感をもっていただけることをご存知でしょうか?

今回は、「クッション言葉」の種類と使い方についてのお話です。

 

■お詫びがより伝わるクッション言葉「あいにくではございますが」「申し訳ございませんが」

 

欠品や手違いがあった際、まっさきに、

「欠品しておりまして…」

「手違いがございまして…」

と、お詫びしていませんか?

 

すぐ謝罪の意を伝えていますし潔くも感じますが、お客さまからすれば唐突なため戸惑われてしまうことも…。

「あいにくではございますが、欠品しておりまして…」

「申し訳ございませんが、手違いがございまして…」

と、クッション言葉をはさむと、お互い一瞬冷静になれますしお詫びのきもちもより伝わります。

 

■クレームを減らせるクッション言葉「失礼ですが」「お差支えなければ」

 

お客さまの難しい注文やクレームに対して、

「いかがいたしましたか?」

「詳しくお聞かせ願えますか?」

と、詳細を伺う機会も多いものです。

 

こちらはていねいに接しているつもりでも、お客さまからすれば、

(何度説明すればわかるの?)

(時間がかかるのかしら、嫌だなぁ)

と、イライラしてしまったり不安を感じやすくなってしまいます。

 

「お差支えなければ、詳しくお聞かせ願えますか?」

「失礼ですが、いかがいたしましたか?」

と、クッション言葉をはさめば、気遣われていることや尊重されていることを実感できるため自然に(詳しく話そう)(この販売員さんを信頼しよう)と思っていただけます。

 

いかがでしたか?

今回ご紹介したクッション言葉は、数あるなかのほんの一部です。

マナーや言葉遣い、会話力について書かれた本に載っていることが多いですから、ぜひチェックしてみてくださいね。

カフェスタッフが特に念入りに毎日「きれい」にするべき場所とは?

2018/03/21

 

こんにちは、ジョビアフードブログ担当です。

 

出先でお手洗いに行きたくなったので、コンビニで借りることにしました。

比較的新しいお店ということもあり店内もお手洗いの入り口もピカピだったのですが、一歩入った瞬間あちこち正直きれいとはいえず…。

どうにもこうにも気分がよくないのですぐに出て、少し先に行ったビルのお手洗いで済ませました。

それからそのコンビニの前を何度か通るのですが、イメージがあまりよくないため買いものをしたいとどうしても思えず。

ついつい別のコンビニに行ってしまいます、イメージってこわいですね(笑)

 

わたしは決して潔癖症ではありませんが、飲食店や食品を扱うお店のお手洗いが清潔かどうかがとても気になります。

まわりでも同じように気にする人は多く、「〇〇に行ってみない?」と誘ったときに「うーん、あのお店お手洗いがきれいじゃないからちょっと…」と、却下されてしまうことも。

もしあなたが働くお店が、そんな風に思われたり避けられてしまったら、かなしいですよね?

そこで今回は、カフェスタッフが特に念入りに毎日「きれい」にするべき場所についてお話しします。

 

■お手洗いは隅から隅までホコリひとつなく清潔を保ちましょう

 

「常に、どこも」清潔を保ちたい場所といえば、やはりお手洗いです。

みなさんお店でも、念入りお掃除をしていると思いますが、お手洗いという場所はお掃除をしてもすぐに汚れてしまいますし、その汚れが気になりやすい場所ですし、さらにお掃除しにくいというやっかいなスペースだったりします。

忙しくてついササッと済ませたり、気になりつつもそのまましてしまえば、お客さまにとても不快な思いをさせてしまったり、不信感(このお店の衛生管理は大丈夫か?スタッフのモラルが低くないか?)を生んでしまったりします。

 

・こまめにチェックをする

・気になる汚れがあれば後回しにせず、即きれいにする

・忙しいときほど入念にお掃除する(忙しい=お手洗いを利用する人が多い)

 

以上3つを心がけると、いつできもちよく利用できるすてきなお手洗いをキープできます。

 

いかがでしたか?

せっかくおしゃれなカフェなのにお手洗いが残念、というのは…

ルックスは魅力的なのに清潔感がない人と同等、とてもガッカリするものです。

そうならないよう、いつどこから見られてもピカピカのお手洗いをキープしてくださいね。

ひとつ気をつけたいのは、どれだけきれいにしてもホコリ、トイレットペーパーくず、髪の毛などがひとつでも落ちているだけで、お掃除が甘いと思われてしまうということ!

きれいにしてハイ終わり!ではなく、必ず仕上げチェックをしてホコリひとつないようにしましょう。

目のかゆみ、鼻づまり…アパレル販売員の大敵「花粉症」を乗り切る方法

2018/03/21

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です。

 

とんでますね、スギ花粉が。

わたしはずっと花粉症とは無縁だと思っていたのですが、今年は目にムズムズした違和感があったり、鼻がグズグズしたりと(もしや花粉症?)と思われる症状に少し悩まされています。

こんどのお休みに、耳鼻科に行って診てもらおうと思っているのですが、花粉症じゃないといいなぁと思う反面…

かぶれや炎症などのややこしい病気ではなく、花粉症であってほしいなぁとも思う矛盾を抱えています(笑)

 

さて、アパレル販売員のみなさん。

花粉症の人もわたしのように花粉症疑惑濃厚の人も、大丈夫な人も、目や鼻になんらかの違和感があると不快だし気になるしで仕事の能率もうんとさがってしまいますよね?

仕事中だけでなく、メイクのノリがイマイチだったり、寝つきがわるくなってしまったり睡眠が浅くなってしまったりという困ったことも多々。

そこで今回は花粉症を乗り切る方法をご紹介します!

 

■花粉症に効く飴は強烈ミントより「有効成分入り」

 

花粉症疑惑のわたしが、さっそく試してみてよかったのはドラッグストアで販売されているのど飴です。

鼻にもよいとあったのですが、その理由は免疫力を高める「プロポリスエキス」や、殺菌作用と粘膜を丈夫にする効果が期待できる「シソエキス」が配合されているからだそうで、なめるだけで鼻がスッとし、のどもさわやかになります。

鼻をスッキリさせるというと、強烈なミント味のタブレットや飴に頼りがちですが、強烈なミントは「スッキリしたような気分」になるだけだったり、一時の気休めだったり。

やはり、症状にしっかり「効く」有効成分が入っているものがおすすめです。

 

■塗っても治らないかゆみやガサガサは「飲むかゆみ止め」でケア

 

掻いたりこすってしまい、目のまわりがガサガサ。

鼻のかみすぎで小鼻が真っ赤、ひどい皮むけ。

 

どちらも、お客さまと接近するアパレル販売員にとっては困る事態ですよね。

少しでもよくなればと保湿やかゆみどめを念入りにしても、なかなかよくならなかったりします。

そこでおすすめは、飲むタイプのかゆみ止め!

ドラッグストアでも購入できますし、耳鼻科でも処方してもらえますが、いろいろあるかゆみ止めのなかでは飲むタイプがすばやく効き、効き目が長持ちします。

からだの中からかゆみを抑え、塗り薬や保湿でケアすれば肌ダメージが低く治りもはやくなりますよ。

 

いかがでしたか?

今回ご紹介したのは、わたし自身が試してみてよかったり、まわりの花粉症のベテランさんがおすすめする方法です。

花粉症シーズンはまだまだ続きますから(スギの次はヒノキ!)、しっかりケアしてきもちよく春を過ごしてくださいね。

女性らしさもUP「足元、歩き方」に気をつけてエレガントな食品販売員に!

2018/03/14

 

こんにちは、ジョビアフードブログ担当です。

ここ何日か寝不足気味です。

というのも、マンションの同じフロア住人が深夜や明け方帰ってくることが多いのですが、ハイヒールのコツコツという音がよく響き目が覚めてしまうのです。

音はすぐにしなくなりシーンと静まりかえるも、すぐには寝付けず。

ファッションは自由ですが、せめて深夜明け方はなるべく音が響かないよう少しだけ気をつけてほしいものですね。

 

さて、食品販売員のみなさん。

足音や歩き方って、意外にじぶんではまったく気づかなかったり、気にならなかったりするものです。

このブログを読んでいる食品販売員さんのなかにも、普段は気をつけつつも、忙しいとき、急いでいるときに「バタバタ、カツカツ」と音がでている人がいるかもしれません。

今回は食品販売員としてだけではなく女性としてもエレガントになれる「足元、歩き方」についてのお話です。

 

■「かかとから着地、膝をまっすぐ伸ばす」のは間違いだった?

 

よくウォーキング講師やモデルさんが、「かかとから着地!膝を伸ばす!」と言っているのを目にしたり、耳にしたりしませんか?

美しく見えることを重視した歩き方としては間違いではありませんが、からだに負担をかけず、正しく歩くという意味ではやや違うのです。

 

正しくは、着地はかかと、指の付け根、足指の3点を同時に着地させる歩き方。

これを「3点歩行」といいます。

3点歩行に加え、踏み込む時にひざを上げつつ足首をゆるませるようにすると、ヒールの音が鳴り響きにくいのはもちろん、足裏、足、足首そして全身への負担がかなり軽減されるので疲れにくくくもなるという、まさにいいこと尽くめの効果があります。

まずはじぶんの歩き方、ヒールの音や着地の音の大きさなどをチェックして、もし気になるようであれば3点歩行を意識してみてください。

 

いかがでしたか?

歩き方は正しいのに音が気になるという場合は、音が出やすい素材がヒール先や靴底に使われていたりします。

かたい素材ほど大きく、やわらかい素材ほど控えめになりますから、仕事用の靴を購入するときはかたちや履きやすさや値段だけでなく、靴の裏側もぜひチェックしてみてくださいね。

歩き方が上品になると、食品販売員としてだけでなく女性としての魅力もUPしますよ。

お客さまのこころを映しつつ「上手に反射しよい効果を生める」アパレル販売員になりましょう

2018/03/14

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です。

 

3月ももう中旬だというのに。

まだ冬のような寒さが続いていたので、ややうんざりしていました。

でもここ数日、日中はポカポカと暖かく過ごしやすい日が続いているので、春を確かに感じられてうれしくて仕方ありません。

上着を脱いで街を歩きながらふとショーウィンドウに映るじぶんを見たら、身軽で晴れやかな表情でまるで初めて会う人を見るような新鮮きもちになりました。

春本番が待ち遠しいですね!

 

さて、アパレル販売員のみなさん。

お店にはたくさんのお客さまが来店されますが、「お客さまの鏡はアパレル販売員」ということを意識していますか?

今回は読むだけで「お客さまのこころを映しつつ、上手に反射しよい効果を生めるアパレル販売員」になれるお話です。

 

■お客さまの笑顔が少ないときはじぶんも笑顔が少ない可能性大!

 

お客さまに笑顔がない、反応がにぶい、無反応、無表情。

だから働いていてもなんだか物足りなく、楽しくない…

そう感じるときはありませんか?

つい原因はお客さまにあると思いがちですが、ふと意識してみるとじぶん自身の笑顔や反応がうすい、もしくはない場合があるので要注意です。

 

「つられて笑う」

「ついつい話してしまう」

そういった経験がみなさんにもあると思いますが、そういうときの相手の表情や雰囲気を思い出してみると、自然に「笑ってしまう、話してしまう」表情や雰囲気を持っているものです。

 

まずは、

・じぶんから笑顔をプレゼントする

・気さくに声をかける

・さりげなく気遣う、助ける

・じぶんから世間話や打ち明け話をする

 ※お客さまやシチュエーション、話題はよく選ぶようにしましょう

以上を心がけてみると、気づけば笑顔や笑い声があふれているお店になりますよ。

 

いかがでしたか?

鏡はなんでも映します。

昔から「子は親の鏡」という言葉があるように、なんでもそっくりにありのままを映してしまうように、「アパレル販売員の鏡はお客さま、お客様の鏡はアパレル販売員」といえます。

見なかったふりをせず、その鏡を曇らせず、お客さまの心をくっきり映すピカピカの鏡でいつづけてくださいね。

リピート率と満足度をあげる!カフェスタッフは常に「いちおし」を意識しましょう

2018/03/07

 

こんにちは、ジョビアフードブログ担当です。

 

飲食店に行って…

そのお店のいちおしメニューや絶対食べてみたかったメニューが品切れだと、さみしいですよね?

さらに店員さんが「品切れです」というお詫びを顔色ひとつ変えずに言うと、なんとなく足が遠のいてしまうものです。

さいきんそんな経験があり、友人としょんぼりモヤモヤしたカフェタイムを過ごしたのですが、(わたしは公私共にそんな冷たい言い方をしないようにしよう!)と思える、よい反面教師的経験になりました。

 

さて、カフェスタッフのみなさん。

あなたのお店の「いちおし」はなんですか?

フードやドリンクのメニューが頭をグルグルした人も多いと思いますが、かたちのないものにも大きな価値があるんです。

今回は「いちおし」を考え、意識することでリピート率と満足度をあげるお話です。

 

■いちおし1「スタッフの人柄、センス」

 

(カフェスタッフになりたい!)

と思う人は、ずばり多いです。

動機はいろいろですが、カフェで働くスタッフの気さくな人柄、あかるい人柄、さりげなくおしゃれなファッションセンスに憧れて…という声を、じつによく耳にします。

それだけ、人柄やセンスはカフェという空間において大きな存在ということ!

ひとりひとりのスタッフが個性を際だたせて、ひとりでも多くのファンを獲得すれば、

どんな宣伝よりも強力なアピールになります。

 

■いちおし2「リラックスできる、テンションがあがる」

 

カフェの空間を愛してやまないお客さまも多いです。

 

いるだけでリラックスできる。

または、

憧れの空間でテンションがあがる。

そんな場所は、そうそう多くあるものではありません。

空間が「売り」だと考えたら、空間を汚すもの、乱すものに細心の注意を払うようにしましょう。

ゴミ、汚れ、不似合いなインテリアは取り除く。

悪目立ちするポスターやフライヤーは少し目立たない場所に移すなどのちょっとした工夫でお客さまにとって心地よい空間をキープできます。

 

■いちおし3「特別感がある、個性があるメニュー」

 

冒頭でも話しましたが、おいしいもの、魅力的なものは「おおきな武器」になります。

でも、期待を裏切られたり満足度が低いと逆効果になってしまいます。

 

売れ筋やお客さまの反応をチェック、分析して、

 

・クオリティをおとさないようにする

・なるべく品切れしないようにする

・品切れの場合は「申し訳ございません」という気持ちを込めてお詫びする

※さらに、代わりのメニューを提案したり品切れしにくい時間帯をお知らせできれば◎

 

以上を心がけると、リピーターがどんどん増えますよ。

 

いかがでしたか?

いちおしがはっきりしていれば、シンプルかつストレートにアピールができます。

あなたのお店の「いちおし」、ぜひ見つけて積極的にアピールしてくださいね。

アパレル販売員がお客さまに対して絶対「思ってはいけないこと」とは?

2018/03/07

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です。

 

憧れの某高級ブランドのショップを覗いてみました。

分不相応かな?とドキドキして入ったのですが、販売員さんがていねいに対応してくださったのでとても心地よいひとときを過ごせました。

買わなかったにもかかわらず、ていねいに見送ってくださったのには感激しましたね。

(仕事をがんばって、いつか必ず買おう!)

と、ひとつ目標ができました。

 

もし、その高級ブランドの販売員さんがツンツンしていたら?

(どうせ買わないわ、買えないわ)と、接客をしてくれなかったら…

居心地わるく、そそくさとお店をでたでしょうし、よいイメージをもてなくなっていたと思います。

今回はわたしの、そんな経験から得た「販売員はどうあるべきか、どういうことを思ってはいけないか」ということについてのお話です。

 

■いかにも買わない、いつも買わないお客さまをどう思う?

 

女性同士で雑談をしながら店内をぶらぶら…

話の合間に、いかにも適当な感じで商品を見たり触ったり。

そんなお客さまに対して、

(ただふらっと入ってみただけなんだろうな。たぶん買っていただけないな…)

と思うのは、アパレル販売員が絶対にしてはいけないことです。

 

・よく来店されるのに、なぜか買わないお客さま

・よく試着をする、多い点数を試着するのに細かい理由をあげていつも買わないお客さま

・店内の滞在時間が長いのに、なかなか買っていただけないお客さま

 

いるいる、とうなずくアパレル販売員は多いと思います。

でも(たぶん買わないだろうな)とだけは、絶対に思わないようにしてくださいね。

 

なぜなら、お客さまに対していちばん失礼なことですし、(たぶん、どうせ、でも…)と思ってしまうと、それが表情や態度にでてしまいやすく、どこか上から目線な販売員、やる気のない販売員とお客さまの目に映ってしまうからです。

 

■手ごわいお客さま、微妙な反応を「プラス」に考える!

 

さきほど挙げたお客さまのパターンであれば、

 

・よく来店されるのに、なぜか買わないお客さま

→来店していただけるだけありがたい、いつか必ず買ってくれる!

 

・よく試着をする、多い点数を試着するのに細かい理由をあげていつも買わないお客さま

→ファッションへのこだわりもしくは興味が高いお客さまなんだ!そんなお客さまに試着していただけてうれしい!

 

・店内の滞在時間が長いのに、なかなか買っていただけないお客さま

→よほど居心地がいいんだろうな!せっかくだからコミュニケーションを深めて好みを探ろう!

 

などとプラスプラスに考えるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

 

もしじぶんがプライベートで利用したお店の販売員に、(たぶん買わないな)なんて思われたら…

嫌ですよね?

もし同じ「たぶん」「きっと」といったことばを浮かべるなら、

たぶん買っていただける!

きっと買っていただける!

とポジティブに使うと、お客さまへの態度や気遣いによい変化がでて、お客さまにもよい変化が現れますよ。

女性

販売・接客・パートのお仕事をご紹介します

JOBIA 株式会社ジョビア

〒220-0004
横浜市西区北幸1-11-11 NOF横浜西口ビル8階

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

やりたい仕事を自分で探して応募する方

「横浜でアパレルの仕事がしたい!」等、やりたい仕事が決まっている方は、求人検索から探して応募してください。応募後は、当社からご連絡差し上げます!

お仕事を紹介してほしい方

「どんな仕事がいいかわからない」という方は、WEB登録からエントリーしてください。当社からご連絡差し上げますので、一緒にお仕事を探しましょう!

WEB登録

HOMEに戻る