マネキン紹介所として創業後、半世紀。接客・販売スタッフの紹介・派遣を得意とする人材会社です。

電話でご登録

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

株式会社ジョビア
Menu

スタッフブログ

食品販売員はじぶんのお店や商品以外のことをたずねられたときこそ、親切な対応を!

2016/10/26

179461

 

こんにちは、ジョビアフードブログ担当です!

 

初めて行く場所、ビルなどは道に迷いやすいですね。

行くときはもちろん、テナントビル、ファッションビルだとビル内で迷ってしまい目当てのお店になかなかたどり着けず、おとなながら迷子気分を味わったり(笑)

そんなとき、インフォメーションスタッフやたまたまたずねた店員さんが親切でわかりやすい対応をしてくれると、こころの底から(ありがとう)というきもちでいっぱいになります。

 

あなたも仕事中に「○○っていうお店(他店)はどこですか?」「お手洗いはどこかしら?」「連絡通路は何階でしたっけ?」などなど、じぶんのお店のこと以外についてたずねられることもよくあるのではないでしょうか?

 

「あの…」

「すいません!」

 

そうお客様から声をかけられれば、(商品をお求め?商品についての質問?)と思うもの。

 

「いらっしゃいませ」

「はい、いかがいたしましたか?」

 

いつも通りていねいに対応しますよね?

でも、用件がじぶんのお店とはまったく関係のないことだと(なぁんだ…)とどこか拍子抜けして、ていねいさにやや欠ける対応をしてしまいがちなのに要注意!

お店にいらっしゃる人は「すべてだいじなお客様」という意識を欠いてはいけません。

 

■ライバル店やわからないことについてたずねられたときほど親切ていねいに!

 

ライバル店についてたずねられると内心ややおもしろくなかったり…

わからないこと、あやふやなことだと焦ってあたふたした対応になったりしがちです。

まずいことにそれはお客様にハッキリと伝わってしまいますし、つよく印象に残ってしまいます。

 

ライバル店だからこそ笑顔で、親切に教えてあげられれば人間的なおおきさや親切さをアピールすることもできます。

(感じがよい販売員さんだったわ。きょうはあいにくだけど、こんど利用しよう)

そう思っていただければ、足を運んでもらえる率もアップです。

 

わからないことについても同様です。

確認したり調べてわかることなら、お客様のお役にたてるようできるだけお応えしましょう。

まったくわからないことについては、その旨を丁重に伝えましょう。

「たぶん…」「たしか…」とあいまいな情報を伝えるのはお客様にご迷惑をおかけするので絶対厳禁!

あたふたしたり、面倒くさがるのもまた厳禁です。

 

いかがでしたか?

ほんの一瞬の、ほんのちょっとした対応があなたやあなたが働くお店の印象をおおきく左右します。

対応次第では(なんか感じがわるかったな、利用したくないな)と思われてしまい、それはとても損なことです。

「尋ねられる」ということは頼られている、必要とされている証!

どんなことでもこころのこもった全力対応をこころがけましょうね。

集客率&滞在率&売上UPの秘密は…オモテもウラも「きれいなお店」

2016/10/26

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です!

 

友人と、とある有名な神社に行きました。

平日朝でも参拝客はたくさん。

チリひとつ落ちてないきれいな空間、朝いちばんの清々しさとほどよい静けさがなんとも厳かながら心地よく、ただいるだけで心身がリラックスしリフレッシュしていくのを感じました。

まさに都会のパワースポット、特別な空間でしたね。

 

さて、今回は「お店をパワースポット的な存在にしてしまおう!」というお話です。

自然に人が集まる、人が人を呼ぶ…そんなお店は、ほぼ例外なく他ブランドや他店より「よく売れ」ます。

お店をよりよくしたい、がんばりすぎず売りたい販売員必読です!

 

■売り場がすみずみまできれい

 

(気づいたら足が向く、そしていつ行っても居心地がよい)

(不思議と落ち着くから、ついつい長居してしまう)

 

そんな風にお客さまに思ってもらえ、自然に人が集まりどんどん売れるお店に共通していえることは、きれいな売り場がいつもキープされているということです。

まさに、わたしたちが行った神社のチリひとつ落ちてなくて清潔感が溢れる雰囲気ですね。

 

■店内清掃をおおざなりにしない!後回しにしない!

 

しかし店内清掃は地味な作業、ついルーティン的になってしまったり、忙しいときはササッとだったり後回しになってしまうことも…

お客様のため、そしてじぶんのためにもつねにきれいな状態をキープすべく、こころを込めて手を抜かず清掃に励む、汚れやゴミに気づいたらサッと拭いたり拾うことを当たり前にしましょう!

 

■見える部分だけではなく見えない部分も大事!

 

表(=店頭)がきれいなのに、裏(=レジ内、バックヤード)というのはいただけません。

というより、きれいなのは表だけで裏は乱雑…というお店で売れているお店はごくごくまれです。

バックヤードの整理整頓も意識的にではなく習慣的にできているお店は販売員の質と意識が高いもの。

それに加え在庫が把握しやすく動きやすいことで効率があがり接客の質や売り上げに反映する、というわけですね。

 

いかがでしたか?

きれいにすることはもちろん、きれいな状態をキープできる意識が大事!

まわりをよく見てスッと動ける気遣い、気配りが販売員をいっそう魅力的にしてくれるという効果もありますよ。

あなたのお店を特別な空間にして、街の人気パワースポットにしちゃいましょうね。

食品販売員はとびっきりの「笑顔」と思いっきり「真剣な顔」を使い分けましょう!

2016/10/19

2

 

こんにちは、ジョビアフードブログ担当です!

 

先月、中学校のプチ同窓会に参加しました。

懐かしい思い出話に花が咲いたのですが、一番盛りあがったのは女芸人顔負けのひょうきんさでいつもクラス中を笑わせていたMちゃんについてのエピソードです。

みんなよく憶えていて、「Mちゃんはまじめに授業を受けていても『授業中にヘラヘラするんじゃない!』とか『テストだぞ、集中しろ!』ってよく注意されてたよね」「先生に叱られたとき、Mちゃんは反省してるのに『笑うな!』ってさらに激しく叱られてたっけ」とつぎつぎ暴露…

爆笑につぐ大爆笑でした。

「やめてよ~」「恥ずかしい…」と本気で困り果てているMちゃんの顔が、当時と変わらないひょうきん顔だったのはいうまでもありません(笑)

 

さて、食品販売員は常に笑顔を求められますよね?

じぶんでも(いつも笑顔でいなきゃ)と気合いをいれ、とっておきの笑顔をキープしていることと思います。

でもMちゃんのエピソードのように、場面やお客様によっては笑顔ではなく真剣な表情が必要なこともあります。

今回は「笑顔」と「真剣な顔」の使い分けについてのお話です。

 

■「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」はとびきりの笑顔で!

 

第一印象、そして別れ際の印象はとてもよく残ります。

初対面で笑顔が素敵だと(あ、感じがいいな)と思ってもらえますし、別れ際が笑顔だと(あぁ、また会いたいな)と思ってもらいやすくなります。

中途半端な笑顔やつくり笑顔ではなく、こころからのとびっきりの笑顔でお客様へ歓迎と感謝のきもちを伝えるようにしましょう。

 

■商品を扱う、お金を取り扱う際は「真剣な顔」で信頼をゲット!

 

商品がお客様の手からじぶんの手に渡った時点で、「お客様の大切なものをお預かりしている」という意識に変えなければいけません。

とくにお客様からラッピングや配送、商品がわかるよう目印をつけるなど申しつけられた場合は、真剣な顔で取り組むことで大切に扱っていることと、要望通りに取り扱っていることをアピールした方がお客様に安心していただけます。

笑顔をキープしつつの、代金を受けとるとき、おつりをお渡しするときの一瞬キリッとした真剣なまなざしは信頼感がグッと高まります。

 

いかがでしたか?

笑顔は大事です。

しかし常に満面の笑みだと、逆に感情やきもちが伝わりにくいことも…

また場面やお客様によっては(ちゃんとわかってくれたかな?)(この販売員さん、大丈夫かな…)と不安にさせてしまうこともあります。

表情を上手に使い分け、好感度と信頼度をゲットしてくださいね。

 

 

鏡で顔や正面だけチェックしていませんか?アパレル販売員は「後姿」が大事!

2016/10/19

1

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です!

 

スマホで家族と動画を撮って遊んでいた時のことです。

ちらっと丸まった背中が映り、(誰これ?姿勢がわるいなぁ)と思ったら…

なんと、自分自身でした。

姿勢はよいつもりですし、よく褒められたりもするんですが気を抜いてだらっとしているときは想像以上にまんまる、まさに「猫背」でした。

ショックだったので、以来ひとりでいるときも姿勢をピンと正すようにしていますが、気づく前はもしかすると勤務中も一瞬猫背になっていたかも?と思うと、恥ずかしくて仕方ありません。

 

今回はそんな「姿勢」に関するお話しです。

家をでるとき、店頭にでるとき、鏡で全身をチェックしますよね?

社会人として、そして女性としてのたしなみですが、アパレル販売員のたしなみとして、ぜひ「後姿」をチェックして欲しいのです。

 

■お客様からは正面より後姿の方がじつは目につきやすい

 

思い出してみてください。

お客様からふいに声をかけられるのは斜め後ろ、真後ろが多くありませんか?

 

呼ばれて振り返ったときは姿勢がシャンとしていますが、その直前までは油断しがちだったり、商品整理をしていたり、なにか作業をしているときはつい集中してしまい姿勢まで気が回らなかったり、ついラクな姿勢をとりがちなので気をつけましょう。

「常に!360度から見られている!」という高い自意識が大事です。

 

■合わせ鏡やスマホで定期的に姿勢チェック!

 

自分で自分の後ろ姿は残念ながら見ることができません。

だからついつい、よくない姿勢や長年のクセ(歪み、猫背)などに気づかないまま…ということになりがち…

 

でも大丈夫、よい方法があります!

全身鏡をふたつ合わせて合わせ鏡にしたり、同僚や友人、家族にスマホで動画に撮ってもらったりしてぜひ後姿チェックをしてみるのです。

できれば、家族に頼んで「抜き打ち」で撮ってもらうとよいですね。

自分では姿勢がよいつもりでも、意外な発見やちょっとしたショックがあったりして後姿、姿勢に対する意識が激変すること間違いナシです。

 

いかがでしたか?

アパレル販売員はファッションリーダーとして、お客様に憧れられたりすてきと思ってもらえることが大事!

ルックスやセンスはもちろん、常に気を抜かず服をよりよく見せるプロとしての「姿勢」そして背中がスッと伸びたまっすぐきれいな「姿勢そのもの」このふたつは常に、そしてずっと持ち続けたいものです。

後姿チェック、ぜひしてみてくださいね。

 

「いつ売るか?今でしょう!」2016秋のマストアイテム・5選

2016/10/12

1

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です!

 

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…

秋にはいろいろな代名詞がありますが、アパレル販売にとってはやはり「ファッション」がまっ先に浮かびますし、はずせませんよね?

今回は2016年秋のこの今こそはずせないマストアイテム5選、そして効果的なおすすめポイントについてご紹介します!

 

■テラコッタカラー

素焼きの土の色(=レンガなど)がイメージのテラコッタカラーは夏に引き続いて流行中。

メディアの影響で注目度大、街を歩いていて着ている人とすれ違わないときはないくらい人気です。

でも、「似合わないのでは?着こなせないのでは?」と躊躇している人も多かったりします。

意外と人を選ばないどころか着ているだけでセンスよくみえるうえ、白や黒といった定番色と合わせやすいことをアピールするといいですよ。

 

■ハイネックニット

まだまだ続く蒸し暑さや寒暖差で着るものに悩むいまこそ大活躍するアイテムです。

アウターを羽織れば秋冬にもつかえる優秀アイテム!

ノースリーブなのにハイネックというのが、寒々しくみえたり季節はずれにならない重要ポイントです。

カラーはさきほど紹介したテラコッタが最強ですが、オフホワイトやベージュなどはシーズンや流行問わずながく愛用できます。

色選びに悩んでいたり流行アイテムが苦手なお客様には、定番色をさりげなくおすすめしてみてくださいね。

 

■セットアップ

セットアップというと高い年齢層向けのアイテム…というイメージしたが、今年の夏から年代問わず人気です。

着心地はラクちんなのにシューズやバッグ、アクセサリー次第できれいめにまとめるもカジュアルダウンするのも自由自在!

さらにトップスとボトムスをそれぞれ単品づかいできるのも魅力です。

上下別売りの場合でも、セット購入を自信をもって積極的におすすめしてみましょう!

 

■オールインワン

こちらも夏から人気のアイテムですよね!

いまのシーズンならカットソーやニットと合わせて着るのが主流、素材とインナーの袖丈次第で冬まで活躍するので、いま買えばかならずモトがとれるお得すぎアイテムです(笑)

オールインワンは丈感と全体のバランスが命ですから、極力試着をしていただきたいものです。

デザインによってはワンサイズダウンの方が似合うことも多いですから、お客様が悩まれているようであれば的確にアドバイスをしましょう。

 

いかがでしたか?

流行アイテム、人気アイテムは注目度は高いものの、じぶんに似合うかどうか不安だったり、流行にのるのが気恥ずかしくて気になりつつも静観…という人も多かったりするもおです。

それぞれのアイテムの長所をしっかり把握するとともに動きやコーディネイトなどを日々研究して、説得力をもっておすすめ&販売しましょうね!

仕事にも活かす!食品版売員の上手なSNS利用法&タブー

2016/10/12

2

 

こんにちは、ジョビアフードブログ担当です!

 

Instagram(インスタグラム)を見るのがだいすきです。

おしゃれな写真や思わず笑ってしまうユニークな写真がいっぱい、眺めているとつい時間を忘れて写真の世界に入り込んでしまいます(笑)

プロ顔負けのじょうずな写真がスマホで撮られていると知りびっくりしたり、気になるお店やイベントの情報が収集できるのも便利!

いままでブログ、フェイスブック、ツイッター…と、ひと通りやってきたので、わたしもやってみる気満々。

どんな風に「魅せる」か研究中、計画中です。

 

さて、今回はそんなSNSとの上手な付き合い方、そしてトラブルを避けるためのタブーについてのお話です。

 

SNSをしている人は多いと思います。

完全プライベート使用でもったいなかったり、逆に仕事のことをオープンにしすぎたり「つぶやき」すぎてトラブルのタネになりかねない…ということも有り得るので注意です。

 

■「エゴサーチ」を有効活用する!

 

じぶんの名前を入力し検索をしてみたこと…

誰でも1度はあるのではないでしょうか?

じぶんについてだったり、じぶんが関係すること(学校、会社、友人など)についてネットで調べることを「エゴサーチ」といいいます。

 

ただ調べて終わりではなく、ツイッターやインスタの「#(ハッシュタグ)」をつかってじぶんが働くショップや商品についてチェックすると、ふだんなかなか知り得ない感想や意見、お客様の「ホンネ」を知ることができます。

盛りつけだったり、ちょっとしたアレンジなど意外な食べ方があったりして勉強になりますよ。

 

■プライバシーにかかわること、ネガティブな話題はタブー

 

仕事でつらいことやいやなことがあったり…

逆におもしろい出来事があると、つい誰かに聞いて欲しくてSNSでつぶやいたり話題にしてしまったりします。

よくニュースなどでも話題になりますが「きょう、こんなお客様がいらっしゃって…」といったお客様の話題は、有名無名問わずプライバシーに関わるので絶対厳禁です。

トラブルについてや愚痴も同じくです。

基本的に仕事のことを話題にするのは控えるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

SNSは便利でかんたんなだけに気軽に始められます。

慣れると友人にラインやメールを送るようにつかいがちですが、思わぬ落とし穴があるので要注意!

使い方次第でよくもわるくもなりますが最悪の場合、お店やじぶんの信用を落としてしまうことになりかねません。

かしこく上手につかいましょうね。

おもしろいほど!飛ぶほど売れるお店には3つの「やすい」があった!

2016/10/05

2

 

こんにちは、ジョビアフードブログ担当です!

 

食品売り場にさんま、秋鮭、さつまいも、まつたけなど、秋の味覚が並ぶようになりましたね。

先日の仕事帰り、商店街の八百屋さんに寄ったら立派な国産まつたけが3本でなんと1,000円だったので、父と母と食べようとレジに持って行ったら…

「はい、10,000円」と言われ、あたふたしてしまいました。

そう、仕事帰りでぼんやりしており0をひとつ見落としていたのです。

赤面し、(しばらくは来れないな…)と思っていたのですが、「臨時収入があったら買いに来てよ!またよろしくな!」と、店主が明るくフォローしてくれたので救われました。

 

さて、今回はそんな、販売員のフォローやお店の雰囲気づくりで、お客様がどんどん集まる!そしてとぶように売れるしくみについてのお話です。

キーワードは「やすい」ですよ!

 

■商品が見やすい

主役である商品が見やすい、よく目立っている、そんなお店は例外なく魅力的で文句なしによく売れます。

販売員はつい「並べやすい」「補充しやすい」「管理しやすい」ということを重視してしまったりしますが、お客様からしてみたら無関係、とにかく「見やすさ」、そして見たうえでの魅力度重視です。

並べ方次第、見せ方次第で目立ち方や売れ行きはおおきく変わってきます。

とくに厳密なルールがない場合はいろいろと工夫してみて、お客様の反応のよい陳列や販売方法を見つけるのがおすすめです。

 

■手にとりやすい

視覚の次は触感です。

手にとりやすい条件は商品の位置や高さ、密度などが深く関係します。

あまり凝りすぎたディスプレイだったり、ボリュームをだそうとぎゅうぎゅうに並べてしまうと手を出しにくかったり取りづらかったりし、お客様がせっかく「見てみたい!」と感じても手を伸ばすのを躊躇してしまい、商品から気持ちが遠のく…ということも。

陳列については販売側の目線だとなかなか気づきにくいこともありますから、客観視してみたり、第三者に遠慮なく意見してもらうのもよい方法です。

 

■買わなくてもお店を出やすい

よいお店、人が集まるお店、よく売れるお店=「入りやすいお店」と思っていませんか?もちろん間違いではありません、入りやすい雰囲気は人が集まり、たのしく買いものをするうえでは大切な要素です。

でもじつは、お目当てのものがなかったり予算の都合で買わなかったときでも出やすいお店こそが人気だったり、売り上げがよいおおきな要素だったりするのです。

 

出やすいお店は、販売員が強引にすすめない、また買わなかったお客様に対してこそていねいに接し「ぜひまたご利用くださいませ」ときもちよく言えている証しです。

「買わない=気まずい、行きづらい」という悪循環を生みがちですが、販売員の気遣い次第でお客様のこころを掴みファンにする、よいチャンスになります。

 

いかがでしたか?

「入りやすい」より「出やすい」の方がじつは重要というのはきっと意外だったのではないでしょうか。

あなたのお店は…

見やすいですか?

手にとりやすいですか?

出やすいですか?

ぜひチェックし、よりよく改善してくださいね。

「憶えて」もらえるアパレル販売員と「忘れられる」アパレル販売員、その違いは?

2016/10/05

1

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です!

 

つい先日、

街を歩いていたら、ふいに呼ばれ「久しぶり~!元気にしてた?」と話しかけられました。

驚いて見ると、フリーター時代に短期のバイトで知り合い、一時よく遊んでいたメンバーのひとり。

うれしく懐かしかったのですが、わたしはどうがんばっても名前が思い出せず…

「久しぶり!元気だよ。そっちは元気?」

なんて取りつくろって思い出せないことを必死に隠したものの焦りましたし、内心申し訳ないやら気まずいやらでした。

 

こんな経験、誰しもありますよね?

顔や名前を覚える、覚えてもらうのはかんたんなようで難しかったりするものです。

プライベートはもとより、アパレル販売員にとってはお仕事で「憶える、憶えてもらう」のはとても大事!

そこで今回は、アパレル販売員がお客様に忘れられず憶えてもらうためのテクニックをご紹介します。

 

■忘れられてしまう販売員の特徴とは?

残念ですが、「なぜか忘れられてしまう人、忘れられやすい人」がいます。

共通しているのは…

 

・会話量が少ない、共感力低い

・表情が乏しい、キャラが薄い

・話す内容がいつも同じ、もしくはコロコロ変わりすぎる

・話し方や内容を相手に合わせすぎて「イエスマン」になってしまう

 

以上のパターンです。

とくに話し方や内容は重要なポイントです。

いつも同じだと安心感はあるものの退屈し飽きられてしまいますし、よかれと思って毎回コロコロ変えると印象やイメージもコロコロ変わってしまい、逆に印象が薄くなってしまいます。

 

またアパレル販売員にありがちなのが、ついお客様に合わせすぎてしまうこと!

失礼なく、そして気分よくショッピングをしてもらうのは大切です。

しかし、イエスマン、無個性になってしまうと「ただの販売員」「販売員その1」になってしまいます。

じぶんらしさを適度に打ちだしたり、ときにははっきり主張することで(あの販売員さんはほかの人と違うな、特別だな)と思ってもらえて憶えてもらえることにつながります。

 

■「共通の話題」「ハッとする言葉」でインパクトを残す!憶えてもらう!

では、憶えてもらうにはどうすればいいのでしょうか。

大事なのはインパクトです。

よりつよくインパクトを残せるのは共通の話題です。

どんなことでもよいのでお客様と同じことで笑い合え、共感できると憶えてもらいやすくなります。

 

また、あなたの言葉でお客様がハッとするとさらに効果大です。

例えば、アドバイスが的確だと信頼感が高まりますし、なにげないひとことがユニークだったり深ければお客様に興味をもってもらえ、確実に憶えてもらえます。

 

いかがでしたか?

なかなか憶えてもらえなかったり、すぐ忘れられてしまうのは販売員としてはもちろん、人としてさみしいですよね?

アパレルは日々たくさんの人に出会えるお仕事です。

せっかくの「縁」ちょっとした工夫や努力で大事にし、育ててくださいね。

女性

販売・接客・パートのお仕事をご紹介します

JOBIA 株式会社ジョビア

〒220-0004
横浜市西区北幸1-11-11 NOF横浜西口ビル8階

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

やりたい仕事を自分で探して応募する方

「横浜でアパレルの仕事がしたい!」等、やりたい仕事が決まっている方は、求人検索から探して応募してください。応募後は、当社からご連絡差し上げます!

お仕事を紹介してほしい方

「どんな仕事がいいかわからない」という方は、WEB登録からエントリーしてください。当社からご連絡差し上げますので、一緒にお仕事を探しましょう!

WEB登録

HOMEに戻る