マネキン紹介所として創業後、半世紀。接客・販売スタッフの紹介・派遣を得意とする人材会社です。

電話でご登録

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

株式会社ジョビア
Menu

スタッフブログ

だれにでもあるスランプ…食品販売員が乗り越えるためのヒント&コツ

2016/09/28

3

こんにちは、ジョビアフードブログ担当です。

 

ちょっと前のお話ですが…

リオオリンピック!

すごかったですね、感動しましたね!

メダル獲得数は金が12個、銀が8個、銅が21個で総計41個と、大活躍&大健闘だったと思います。

喜びの涙の数だけ苦しみの涙とそれを乗り越える努力があったと思うと、感動や尊敬という言葉では言い尽くせない、おおきな敬意を抱きます。

 

さて、今回はスポーツ選手も何度も経験する、

「スランプ」

についてのお話しです。

 

経験を重ね、じぶんなりの売り方や接客テクを身に着けてきたのを実感しつつも、なぜかなにかがうまくいかずもんもんとしたり…

いままでは調子がよかったのになぜかうまくいかない、裏目にでる、やる気がどうもでない…といったことは、誰しもよくあることです。

そこで自信を失くしてしまったり、やる気がまったくなくなり接客の質や販売力がさがってしまうことだけは避けたいもの!

避けるため、抜けだすためのちょっとしたヒントとコツをご紹介します。

 

■じぶんでじぶんを甘やかしてあげる、誰かに思いっきり甘える、

スランプのときはストレスがとてもたまります。

ストレスがたまることでからだの不調も起きやすくなるため、まずはスランプ中であることを受け止め、受け容れ、がんばってきた(がんばっている)じぶんをときどき思いっきり甘やかしてあげることも必要です。

 

おいしいものを食べる、やりたいことをやる、会いたい人に会う、なにもしたくないときは徹底的になにもしない…など、とにかく思いっきりじぶんを甘やかして、ゆるませましょう。

家族や友人、気を許せる人やだいすきな人にすなおに甘えるたりちからを借りることも大事です。

 

■経験や方法にとらわれすぎず、思いっきり方向転換する!

スランプのときほど、

 

(いままでこういうときはどうしてきたんだっけ?)

(初心にかえらなくちゃ…)

 

など、過去に過去にと意識が向きがちです。

 

もちろん、過去の経験も大事ですが、いまのスランプはあたらしい壁が立ちはだかったことが原因であることがほとんどなので、新たな方法を見つけだすことではやく、そして確実に抜けだせます。

あえていままでのじぶんじゃない「あたらしいじぶん」に変わってみたり、躊躇しできなかった販売や接客スタイルを試してみるよい機会です。

 

押してだめなら引く、がんばってもがんばってもダメならあえてゆるめたり、まわりを観察し研究する「学びのとき」にすることで、気づいたらいつの間にか乗り越えられていた…ということもよくあるものです。

 

いかがでしたか?

スランプがない人はいません。

スランプは誰もがなんども経験しますし、経験したスランプが人を成長させてくれておおきくさせてくれるの貴重な機会です。

必要以上にこわがらず、あわてず騒がず…

まっすぐ向き合い、しっかり乗りこえましょうね!

「一期一会」を大切にするアパレル販売員は伸びる!売れる!

2016/09/28

2

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です。

 

先日、とあるライブに行きました。

ユニークなかたちのギターが演奏されてたので注目していたのですが、MCで「一五一会(いちごいちえ)」という楽器であることを知りました。

ギターと沖縄楽器「三線」の合体で、なんと人差し指だけで弾けるのだとか!

チャレンジしてみたくてたまらず、通販で中古のものを即注文しちゃいました(笑)

たまたま行ったライブでの思わぬ一期一会…ふしぎな縁を感じてなりません。

 

さて、今回はお仕事での「一期一会」についてです。

お客様との日々の出会いもまさに一期一会、大切にしたいものです。

大切にすることで人として「伸び」ますし、「売れる」ようになりますよ。

 

■「常連さん」と「一見さん」、「買う」「買わない」に差をつけない

常連さんや買ってくれるお客様は特別大切にし、一見さんや買わないお客様にはそれなりの接客…こころあたりはありませんか?

人の心理として好ましいお客様にはつよい好意を抱き、それ以外のお客様にはあたりさわりなく接しがちですが、来店されるのはすべて「大事なお客様」という点ではまったく同じ!

あからさまに差をつけるのはよくありません。

お客様は買いものに夢中なようでいて、店員の接客やテンションをじつはよく見ています。

どのお客様にも感じよくていねいに接する販売員は、どのお客様からも好感をもたれ信頼していただけます。

 

■クレーマー的存在のお客様こそ、再来店していただける心配りを!

クレーマーはお店にとっても、販売員にとっても厄介な存在です。

悪質なクレーマーは別として、ちょっと無理めだったり気難しい質問、注文をするお客様もなかにはいらっしゃいますよね?

(ちょっと面倒だな…手強いな…)と慎重になったり、姿がみえると警戒したりしていませんか?

しかし、ちょっと面倒で手強いお客様ほど、常連さんになっていただけるとよく足を運んでくださったり購入金額がおおきかったりするものです。

なぜなら、こだわりや美意識がとてもつよいから!

接客のレベルアップの絶好の機会にもなりますから避けず、むしろ率先して積極的に接客するのをおすすめします。

 

いかがでしたか?

一期一会を大切にするにあたって忘れてはいけないのが、「お客様である以前に人である」ということです。

つい表面的なことで判断してしまったり、「お客様その1、その2」という認識になりがちですが、ひとりひとりにしっかり目と心を向けて、ひとりひとりに合った接客や対応をすることでお客様に満足していただけるだけでなく、じぶん自身の人間力が磨かれます。

一期一会、大切にしてくださいね。

「備えあれば憂いなし」アパレル販売員が備えたい「あるもの」とは?

2016/09/21

1

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です!

 

台風の影響で不安定な天気が続いていますね。

地域によってはおおきな被害もでていたりして…

ニュースなどでみるたびに心配になったり、不安になったりします。

「まさか」や「じぶんの住む地域は大丈夫」と油断しないことが大事ですね。

備えあれば憂いなし、なにごとにも通じる心構えだと改めて思います。

 

さて、今回はアパレル販売員が備えたい、

「もの」

についてのお話です。

「もの」というとアイテムやグッズがぱっとあたまに浮かぶと思いますが、かたちのないもの…つまり「きもち的なもの」も、もちろん含まれます。

憂いたくない販売員、必見ですよ!

 

■あると安心!なにかと助かる!「ソーイングセット、しみ抜き」

ソーイングセットを持ち歩いている人は少なかったりします。

「そうしょっちゅうボタンがとれたり、そでやすそがほつれるわけでもないし…まぁいいや」

「しみはつけないようにしてるから大丈夫!」

というのが理由だったりしますが、いざというときにあると安心ですし、ダメージが少なく済み、お気に入りの服、勝負服をずっと大事に着つづけられます。

服を扱うアパレル販売員だからこそ、ぜひ携帯して欲しいアイテムです。

 

■失わずつねに備えたい「好奇心」「向上心」

毎日多忙だったり、仕事に慣れて安心し始めると失いがちなのが好奇心や向上心です。

 

「忙しくて疲れて余裕がない…」

「いまは時間がないから無理、落ち着いたらなにか学びたい」

 

つい口にしたり、よく耳にしがちなフレーズですが、よくよく考えたり聞くと「できないことへの言い訳」だったりして…

忙しくても時間がなくても、アンテナを張って情報をキャッチしたり、ささいなことからひらめきや発見を得たり、隙間時間で調べたり学ぶことはじゅうぶん可能です。

興味があること、じぶんに足りないと思うことから、少しづつ始めてみるだけでも一歩前進、1レベルアップです!

 

いかがでしたか?

ソーイングセット、しみ抜きは100円ショップで手に入ります。

わざわざスクールに入らなくても本を買わなくても、ネットだったりものの見方、捉え方を変えてみるだけでじゅうぶん得るものがあります。

「いま備えて、いつか笑う」

そんな販売員にぜひ、なってくださいね。

あなたは大丈夫?!食品販売員がついつかいがちな「間違った日本語」

2016/09/21

2

 

こんにちは、ジョビアのフードブログ担当です!

 

ちょっと前のエピソードですが…

結婚している友人の家に遊びにいったときのことです。

小学校1年生の友人の子に「宿題おしえて~!」とせがまれたので、(ここはひとつ、いいところを見せよう)と張りきって教えていたら…とある漢字の書き順を間違えていたのを、その子に思いっきり指摘されてしまいました。

「もういい、やっぱじぶんでやる…」と言われ、面目なかったのと…

思い込みってこわいなぁ、とちょっぴり反省でした。

 

さて、今回はそんな思い込み的な「間違った日本語」についてのお話です。

日常的に、そして接客でついついつかいがちなことばのなかに、じつは間違った言い回しがたくさんあったりします。

さぁ、あなたの日本語は大丈夫でしょうか?

 

■「○○の方(ほう)」

 

「こちらの方でよろしいでしょうか?」

「ビニール袋の方、何枚ご入り用ですか?」

 

という感じで、ついつい言いがちだったり、あちこちでよく耳にするのも多かったりしますが、じつは「方」はまったく不要です。

ていねいなようで不自然ですし、なにかとあいまいになってしまいます。

 

正しくは、

 

「こちらでよろしいでしょうか?」

「ビニール袋は何枚ご入用ですか?」

 

です。

あいまいさがなくなり、お客様に伝わりやすくなります。

 

■「○○なこと、○○なかたち」

 

「包装には5分ほどお時間いただくことになります」

「こちらは在庫を取り寄せるかたちになります」

 

一見ならぬ一聴、とてもていねいな感じがしませんか?

でもどちらもじつは間違っています。

 

「包装には5分ほどお時間いただきます」

「こちらは在庫を取り寄せいたします」

 

伝えたいことが簡潔になり、わかりやすくなりますよね?

言い切り型になるため、信頼感や誠実さが増すといううれしい効果もあります。

 

いかがでしたか?

(あ、ふつうにつかっちゃっていた…)とハッとした人もいるかもしれませんね。

口にする、耳にするだけだと違和感ないことばでも、こうして改めて文章としてみると(あ、なんか変…?)と気づきやすかったりしませんか?

お客様に(ん?)と思われたり、いつかどこかで恥をかかないよう、ぜひ正しい日本語をしっかり身につけていきましょうね。

メリットもりだくさん!試食販売員が「指名」をもらえるようになるコツ

2016/09/14

フード9.6画像

 

こんにちは、ジョビアフードブログ担当です!

 

先日…

ヘアサロンで初めてスタイリストさんの「指名」をしました。

前回カットをしてくれたスタイリストさんがとても話しやすく、スタイルも理想通りだったからです。

2回目ということで会話もカットもスムーズ!

前回話したちょっとした雑談を憶えていてくれて、さらに幅広くつっこんだいろいろな話もできたので、いつもは長く感じるカットがあっという間でした。

 

今回はそんな「指名」のお話です。

試食販売の仕事をしていると、メーカー様や店舗の担当者様から「またお願いしたい」「ぜひまた入ってください」とお声がけいただくことがあるのではないでしょうか?

評価してもらえている、必要とされているととてもうれしく、自信につながる瞬間ですよね?

でも…

ただふつうに販売をしているだけでは、そうそう指名いただけません。

では、どうすればいただけるのでしょうか?

その秘訣をご紹介します。

 

■担当者様の名前は必ずバッチリ覚える!

メーカーの担当者様、店舗の担当者様の名前は資料やネームプレートでわかりますよね?

ただ顔と名前がなかなか一致しなかったりすることも…

うっかり失念し、「あの、すいません!」なんて呼びかけがちですが、誰でも「あの」や「ちょっと」などと呼ばれるのはあまり気分がよくないものです(なんとも思わない人もいるにはいますが…)。

 

何かをたずねたいとき、確認したいときは「○○さん(または「さん」の代わりに役職名)、よろしいでしょうか?」と呼ぶようにしましょう。

名前で呼ぶ(呼び合う)と、親しみや信頼感がグッと高まります。

 

■じぶんが扱う商品について徹底的に勉強する

試食販売員はいろいろな商品を扱うので、特徴を把握しセールスポイントをみつけたりするのはなかなか大変だったりします。

しかし、ちょっとの時間でも集中して勉強するとお客様から質問されたときにパッと答えられトークもはずみ、いきいきとお仕事ができます。

とうぜん雰囲気は明るく、なんともよい感じになります。

すると、試食数や販売数もしぜんに「よい感じ」に変わってくる…

そう、つまり!

その様子や結果をみた担当者様が「この人にぜひまたお願いしたい」と思ってくれるわけです。

 

いかがでしたか?

どちらもけっして難しくはないですよね?

かんたんなこと、そしてちょっとの努力で評価され、認められるのですから試す価値アリ!

販売員としてもいちどやったことがある商品だったり、入ったことがある現場だとなにかと安心ですよね。

ぜひ指名をいただけるよう、取り入れてみてくださいね。

 

秋ファッションならではの「ついで買い」を爆発的に増やすテクニック!

2016/09/14

アパレル9.6画像

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です!

 

9月ですね。

日中はまだ暑さが厳しかったりしますが、朝晩(とくに朝、早朝)は風がひんやりと感じ、秋めいてきたことをつよく実感します。

夏はどうしても暑さ、汗などが気になって機能性重視のファッションになりがちだったりするもの…

でも、これからの季節はいろんな素材のアイテムや、重ね着が思いっきりたのしめるからワクワクしています。

 

さて、今回はそんな「秋ファッション」に関連したお話です。

秋からは素材、そしてストールをはじめとした小物のバリエーションがいっきに増えることで、お客様の興味や購買意欲もまたいっきに高まる時期でもあります。

 

まだまだ暑いとはいえ、秋物への注目が集まりはじめる今こそ!

積極的に、じょうずにおすすめし手にとっていただける、気に入っていただける…そのための小ワザ的テクニックをご紹介します。

 

■思わずついで買いアイテムNo1!「ストール」はこうすすめる!

比較的手頃なうえ、アレンジもきいて使いまわせるうえ何枚あっても困らないストール類は、ついで買いにもってこいのアイテムです。

お客様が試着をされた際、または鏡の前でかるく合わせている際に、服とお客様の雰囲気にあったストールを首元にあてたり、手際よくササッと巻き…

 

「こんなアレンジもできますよ、またすこし雰囲気が変わりますよね?」

 

という風にさりげなくおすすめしてみましょう。

 

お客様が気に入れば即決で購入していただけます。

あいにく予算などの都合で購入に至らなくても後日、(あのストールのアレンジ、よかったなぁ…)と思い出し、足を運んでいただけることも多いものです。

 

■「売りたい、売ろう」は逆効果、あくまでさりげなく!

ひとつだけ気をつけたいのは、絶対「売ろう」としないこと!

あくまでさりげなく親切にがポイントです。

ストールに限らず、秋からはいろいろなコーデやアレンジをおすすめすることが増えますが、お客様は店員の必死さにとても敏感。

ちょっとでも(売ろうとしている、買わされる…)と感じると、せっかく気に入っても引いてしまいます。

わずかでも威圧的な表情、焦った口調は禁物です。

 

いかがでしたか?

おもしろいもので、おすすめしたアイテムをサッと引っこめたり…

(あくまでただおすすめしただけですから…)という感じで、ほんのわずかにそっけないくらいの方がお客様の興味や購買意欲が高まりやすかったりもしますよ。

お客様のタイプや反応、場の雰囲気などで、おすすめパターンも臨機応変に「アレンジ」してみてくださいね。

お客様は見てないようでじつは見ている!アパレル販売員必見「靴のお手入れ方法」

2016/09/07

a

 

こんにちは、ジョビアアパレルブログ担当です!

 

先日、出先で恥ずかしい思いをしました。

いつも通りサッと履いた、いつもの靴に…

なんと、ちいさな穴があいていたのです。

(ちなみに合皮のぺたんこパンプス、お気に入りでヘビロテしすぎたよう…)

ちいさな穴でしたが、黒なので意外と目立つわ、友人にも笑われるわでほんとうに恥ずかしかったです。

それからというのも、外出の際は靴の要チェックを欠かしていません。

 

さて、そんな小さな穴が友人にもすぐバレたように…

ちょっとした汚れや傷、靴底のすり減りなどは目立たないようでじつはよく目立つものです。

とくに、アパレルショップに訪れるお客様は、販売員のファッションをよくチェックしているもの。

ファッションがばっちり決まっていても、靴が汚れていたり古びていたり、ちゃんと手入れがされていないとガッカリされてしまいます。

今回は素材別、靴のお手入れ方法をご紹介します!

 

■本革素材は水分を徹底的にふきとり、クリーナーとクリーム完璧ケア

革製品全般大敵なのは「水分」、とにかく汗や雨などの水分は、やわらかく吸水性のある布で完全にふきとりましょう。

ふきとったらブラシでほこりなどを払ってから、汚れを落とすクリーナーでしっかり汚れを落とし、保護する役割のクリームで全体をコートします。

お手入れ後は型崩れと湿気を防止するためにも、シューキーパー+新聞紙で形を整え保管するのがおすすめです。

 

■本革素材とほぼ同じお手入れの合皮素材…水、洗剤が使用できるのが便利!

合皮素材の靴のお手入れ方法は本革とほぼ同じです。

気になる汚れは水で濡らしてかために搾った布でこすっても大丈夫、汚れの種類や落ちにくさによっては薄めた中性洗剤も使用できるので、本革素材よりお手入れ方法がラクなうえ短時間で済むので、忙しいアパレル販売員におすすめの素材といってもいいかもしれませんね。

 

■布製のスニーカー、カジュアルシューズは「汚れにくいケア」が大事!

時代を問わず人気のスニーカーなどは、汚れがつきやすく落ちにくいのが困りもの…。

お気に入りのスニーカー、とくに白系が汚れてしまい拭いても洗っても落ちないというときはテンションがさがりますよね?

よい方法が、新品をおろすとき、または履くときにベビーパウダーをはたくこと!

パウダーの効果でほこりやどろなどがつきにくくなり、ついても落ちやすくなります。

 

白以外のスニーカーなら、ろうそくをササッとこすりつけて「ろう」でコートするのもおすすめです。

さらに防水スプレーで仕上がれば完璧!

あとは定期的に洗えば、いつまでもきれいな状態をキープすることができます。

 

いかがでしたか?

靴のお手入れってやや面倒だったりしますが、ポイントさえ押え、慣れてしまえばむしろたのしくなりますし、どんどん上手になります。

いつもピカピカの靴で、足元から熱く注目されちゃいましょう!

お店や商品のイメージをおおきく左右!販売員が気をつけたい「肌」と「体型」

2016/09/07

b

こんにちは、ジョビアフードブログ担当です!

 

朝晩は涼しくなって、秋の気配を感じるようになりましたね。

わたしは秋が大好きなので、はやくもテンションがあがっています。

秋はなにを食べてもおいしいし、涼しいから出かけやすいのもうれしい!

きょうで8月も終わり、明日から9月!

短い秋を思いっきりたのしみたいです。

 

さて、今回はそんな、なにを食べてもおいしい秋がちょっとした落とし穴になりがち…ということにも関係した、食品販売員がぜひ気をつけたい「からだの自己管理」についてのお話しです。

 

食品はイメージがとても大切です。

「おいしそう!」「食べたい!」といったお客様の期待や欲求に応えるイメージはもちろん、清潔感やヘルシー感といったイメージも、お店や商品の印象や購買意欲をおおきく左右します。

 

そのイメージを担うのはずばり、販売員です。

では、販売員が気をつけたい、気をつけるべきことはなんでしょうか?

 

■肌荒れは大敵!肌質に合ったスキンケアで改善、解消

吹き出ものやガサガサ肌などは、どうしても不摂生な印象を与えてしまいます。

観察力が鋭いお客様には(仕事や私生活でストレスがあるのかな?)と感じられてしまったり、扱っている食品の魅力を半減させてしまうこともあるので、できるだけ改善、解消したいものです。

 

自己流だと合わないアイテム、ケアを選んでしまいがちですからアドバイザーがいるブランドや店舗で肌チェックを受けて選ぶことをおすすめします。

肌症状によっては皮膚科で治療を受けた方が費用も少なく、期間も短くきれいに治る場合もあります。

肌荒れが長引いている、または深刻な場合は受診してみるのもよい方法です。

 

■できれば避けたい…極端な「太りすぎ、痩せすぎ」

お客様に「おいしそう!」「いいな!」と思ってもらううえで、意外と重要なのが販売員の体型です。

もちろん体型も個性ですし、ぽっちゃりさん人気などもありますから誰もがふつう体型でなければいけない、痩せなくてはいけないということではありません。

ただ、「極端」に太りすぎていたり痩せすぎていると、せっかくのおいしいものがあまりそう見えなくなってしまうということが、少なからずあるのは否めません。

 

健康的であればよいですが、どうしても太りすぎ、痩せすぎは自己管理できていない印象や不健康な印象を与えがちです。

じぶんに自信がもてなかったり、なにかと不便なこともあったりするので、ここは一念発起してダイエットに取り組んだり、生活習慣を見直してみるのもおすすめです。

 

いかがでしたか?

やや手厳しい内容になったかもしれませんね。

でも、よりよいじぶんになるとお店の雰囲気や商品の見栄えもだんぜんよくなります。

なによりじぶんに自信がもて、いきいきすることでお客様の目に魅力的にうつるのがいちばんのメリットです。

まずは鏡でセルフチェック、してみてくださいね!

女性

販売・接客・パートのお仕事をご紹介します

JOBIA 株式会社ジョビア

〒220-0004
横浜市西区北幸1-11-11 NOF横浜西口ビル8階

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

やりたい仕事を自分で探して応募する方

「横浜でアパレルの仕事がしたい!」等、やりたい仕事が決まっている方は、求人検索から探して応募してください。応募後は、当社からご連絡差し上げます!

お仕事を紹介してほしい方

「どんな仕事がいいかわからない」という方は、WEB登録からエントリーしてください。当社からご連絡差し上げますので、一緒にお仕事を探しましょう!

WEB登録

HOMEに戻る