マネキン紹介所として創業後、半世紀。接客・販売スタッフの紹介・派遣を得意とする人材会社です。

電話でご登録

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

株式会社ジョビア
Menu

スタッフブログ

売れる販売員がやっている基本テクニック〜沈黙のテクニック

2015/11/25

ニック』

こんにちは! ジョビアです!

12月が近づき、よりいっそう風が冷たくなってきましたね。

冷えは頭痛や、肩こり、イライラ感など、さまざまな病気の原因となりますので、体をしっかりと温め、体調に気をつけてくださいね。

さて、みなさんは商品をお客様に売り込む際、何か意識していることはありますか? 例えば以前紹介させていただいたように「商品を売り込まない」だったり「聞き上手になる」だったり、人によって様々な工夫をされていると思います。

しかし「商品を買ってほしい」と焦ってしまうあまり、マシンガンのように売り込みトークをしてしまっていませんか? 中にはそれで売上げが上がらずに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな方にぜひ実践して頂きたいテクニックをご紹介します。

 

アパレル販売員には商品の売上げ目標や、中にはノルマがあると思います。

しかし「目標やノルマを達成しなきゃ」と思うあまり、焦ってお客様に売り込みトークをしてしまうと、買ってほしいオーラがお客様に伝わりかえって逆効果です。「こんなに一生懸命接客をしているのに、なぜ売上げに繋がらないのだろう?」そう悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 実はそんな時に使えるとっておきのテクニックがあります。それは「沈黙を活用する」ということです。

あなたならどこか余裕が感じられる販売員と、「買ってほしい! 」という焦りや必死さが感じられる販売員と、どちらから商品を買いたいと思いますか? もちろん前者から買いたいと思うでしょう。

販売員にどこか余裕が感じられると、「この人の話は信用できるなぁ」とお客様の安心感や信頼感につながります。そのため、お客様が商品を見て迷っている様子であれば、その間は「沈黙」を保つように心がけましょう。

しかし、心の中で「沈黙を活用しよう」と思っても、「買ってほしい」という気持ちが先行してしまい、つい商品の良さを話したくなると思います。「沈黙」はとても怖いものです。そのため、最初は難しいと思います。

そこで、沈黙に慣れるまではお客様の様子を見て、商品を注意深く見ている時には心の中で「1、2、3、4・・・」とカウントしてみるようにしてください。カウントすることで「買ってもらいたい」という気持ちが落ち着き、沈黙を保つことができます。

そして、お客様が商品から目を離したらカウントをやめ、トークをはじめるように意識してみてください。沈黙を上手く活用することで接客に余裕が生まれます。それがお客様の購買意欲向上にもつながってきますので、ぜひこの沈黙のテクニックを実践してみてくださいね。

 

 

いかがでしたか? 心の余裕は自然には生まれるものではありません。もちろん生まれ持っている方はいらっしゃると思いますが、そうでない方は意識して作っていく必要があります。

最初は「沈黙」に慣れないと思いますが毎日それを意識し続けていくことで、だんだんと体が慣れてきます。そして接客にも余裕が出てくるでしょう。「継続は力なり」ぜひ頑張って続けてみてください。

 

ジョビアでは販売のお仕事を始めたい方にお仕事をご紹介しています。
興味のある方はこちらからご登録ください(^_^)担当者が追ってご連絡差し上げます。

腸内細菌検査を必ず受けましょう!

2015/11/25

『腸内最近検査を義務づける商業施設が増えています! みなさんは検査を受けていますか?』

こんにちは! ジョビアです!

ノロウィルスなど、ウィルス性の食中毒が気になる季節になってきました。

本来、食中毒は7〜9月の暑い季節に起こりやすいと言われています。

しかし、近年はノロウィルスなど感染力の強いウィルスによる食中毒が増えてきています。ノロウィルスは食中毒が起こりにくい11月〜3月までの間に猛威をふるい、感染力が強いためすぐに感染してしまいます。ですから、食品販売をする際には十分に注意をしなければいけません。

そのため、近年腸内細菌検査を食品販売員に義務づけている商業施設が増えてきています。皆さんはきちんと検査を受けていますか? 

 

なぜ腸内細菌検査を受けなければならないのでしょうか?

それはO157やノロウィルスなど、食中毒事故を未然に防ぐためです。

中には「きちんと仕事をする前には手首までしっかり洗っているし、アルコール消毒もしているからわざわざ検査しなくて大丈夫なのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

実は下痢や嘔吐など食中毒の症状がみられなくとも、腸内に細菌やウィルスを保菌している場合があります。もしその菌が何らかの原因で他の人にうつったり、食品に付着してしまうと、食中毒に繋がってしまう恐れがあります。

ですから、手洗いのように自分の意図する感染だけではなく、そういった自分の意図しない感染を未然に防ぐために腸内細菌検査を受ける必要があるのです。

検査は直近3ヶ月以内に実施したものが一般的には有効とされています。

しかし、商業施設の中には直近2ヶ月以内に実施したものが有効とされている所もありますので、そこは働く前にしっかりと確認しておきましょう。

検査は近くの保健所や医院、クリニックなどで受けることができ、費用は1回2000〜3000円程度です。

少し負担が大きいと感じる方はぜひジョビアを通して検査を受けてください。

ジョビアでは、赤痢菌、サルモネラ菌、腸チフス、パラチフス、O-157の検査を1回500円で受けることができます。

これから検査を受けようと考えている方はぜひ利用してみてくださいね。

 

いかがでしたか? 食中毒事故が一度起こってしまってからでは取り返しがつきません。食中毒事故を未然に防ぐためにも、食品販売、調理、配膳に携わる方は必ず腸内細菌検査を受けるようにしましょう。

 

売れる販売員がやっている基本テクニック〜お客様の言葉を復唱して聞き上手になる

2015/11/18

 

こんにちは、ジョビアです。

これまでは、アパレル販売員がどのようにお客様にお声がけすればよいか? そのタイミングや会話の内容などのちょっとしたテクニックをご紹介しました。実践してみていかがでしょうか? 

中にはお客様の言葉に対して「そうですね」など簡単な返ししかできず、話が広がらずに「お客様との会話って苦手だな〜」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんなお客様との会話が上手く出来ずに悩んでいる方のために、会話を簡単に広げることができるテクニックをご紹介します。

 

話が下手なら、聞き上手になればいい!

お客様との会話はアパレル店員にとって大切な業務の一つです。その会話の中から購買に繋がることもあるからです。

また、会話一つでお客様のお店に対する印象も変わりますから、気に入ってもらえればリピーターになってくれる可能性もあります。

しかし、アパレル店員誰もが会話が得意であるはずがありません。いざお客様と会話するときに上手く話題を振る事が出来ず「会話ができないなんてアパレル販売員失格かもしれない・・・」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 

そんな方はぜひ「復唱」のテクニックをつかってみましょう。このテクニックの使い方は簡単です。お客様の言葉をそのままオウム返しのように復唱するだけです。

例えば、「どんな色がお好みですか?」とお聞きして、お客様が「青色か黒色ですね」と答えたとしましょう。それに対して「青色か黒色なんですね」とそのままお客様の言葉を復唱して返すだけです。簡単ですよね?

心理学的にも相手の言葉を復唱する事は、相手の心を開きやすくする効果があるのだそうです。

そのためお客様としても「そうなんですよ。つい青色か黒色ばかり買ってしまうんですよね」など心理的に返答しやすくなります。そのため復唱することで話が続けやすくなります。

 

いかがでしたか? もしあなたが話下手で悩んでいるのであれば、是非この復唱のテクニックをつかってみてはいかがでしょうか? 

話が下手なら、このテクニックを使って聞き上手になってしまえばいいのです。

 

ジョビアでは販売のお仕事を始めたい方にお仕事をご紹介しています。
興味のある方はこちらからご登録ください(^_^)担当者が追ってご連絡差し上げます。

試食販売のやり方一つでクレームに!? 試食販売の際に覚えておきたいマナーとは?

2015/11/18

こんにちは、ジョビアです。

皆さんは試食販売の際、どんな事を考えていますか?

食品販売業務の中でも、試食販売はより多くのお客様とコミュニケーションを取らなければいけない業務です。また、試食販売において声かけの方法や勧めるお客様選びなどもすべて試食販売員の裁量に任されます。

言い換えれば、普通の食品販売と比べて自由度が高い分、クレームにもなりやすいということです。クレームを未然に防ぐためにも、まずは基本的な試食販売員のマナーについて学んでいきましょう。

 

人を選ばずに試食販売しよう!

試食販売をずっと担当していると、今までの販売経験から買ってくれる人がどんな雰囲気の人なのか? が分かってくると思います。

そのため、試食販売に慣れてくると、おのずと人を見ただけで「この人はきっと買ってくれるだろう」「この人は絶対に買わないだろう」と判断できるようになってきます。試食販売員としてはより多く売った方が評価に繋がりますから、どうしてもより多くの時間を「この人はきっと買ってくれるだろう」という見込み客に使いたくなってしまいます。

しかし、「絶対に買わないだろう」と勝手に決めつけて、その人には試食を勧めなかったことが「なんで俺にだけ勧めなかったんだ」とクレームに発展してしまうことが実際にあるようです。

たとえ商品を買わないとお客様が思っていたとしても、相手に買わない客だと勝手に見た目で決めつけられるのは、何だか「どうせ買わないんだろう?」と上から目線で見られている感じがして誰でも嫌な気持ちになるものです。

そうお客様に思われないためにも、買いそうなお客様、買わなそうなお客様どちらにも分け隔てなく試食を勧めるように心がけましょう。

分け隔てなく接客をしながら、例えば見込み客には感想をいてみるなど自分なりの売り込みアクションを取っていけば、そういったクレームもなく見込み客にも売り込むことが出来るのではないでしょうか?

 

 

いかがでしたか? 試食販売員として「この人は買いそうなお客様だ」という判断ができることは素晴らしいことです。心の奥底でそれを思いながら仕事をすることは販売のプロフェッショナルとてもいい事だと思います。しかし、それを行動に出してしまわないように心がけましょう。

 

ジョビアでは販売のお仕事を始めたい方にお仕事をご紹介しています。
興味のある方はこちらからご登録ください(^_^)担当者が追ってご連絡差し上げます。

 

 

今月のランチミーティングは・・・♪

2015/11/11

根本屋漁師弁当

こんにちは。ジョビアです。

月例ミーティングのお弁当は、根本屋様の漁師弁当を頂きました。

根本屋様のお弁当では一番人気で、おもいっきりテレビで金賞を頂いた大人気のお弁当だそうです。

蓋を開けると、カニ・イクラ・サーモン・イカ等・・・

溢れんばかりの艶々で新鮮な海鮮素材が詰まっておりまして商品に対するこだわりが伝わって来ます。

 

社員全員で美味しく頂きました。

 

現在、当社スタッフさんも就業中です。

売場で素敵な笑顔を振りまいており、その姿はとてもキラキラしておりました(^^)

 

(タケイ)

 

 

 

 

 

なぜ食品販売員の服は白いワイシャツやブラウスでなければならないのか?

2015/11/11

231220

こんにちは! ジョビアです!

皆さんは普段から服装に気を使っていますか? 

服は一番お客様に見える部分ですから、食品販売員には清潔感のある服装が求められます。以前、食品販売員の髪の毛についてのマナーをご紹介しましたが、今回は服装におけるマナーについてご紹介しましょう。

 

なぜ白いワイシャツとブラウスしかダメなの?

食品販売員の服装としては白くシンプルなワイシャツかブラウスが好ましいとされています。

たとえ白くシンプルであってもTシャツやポロシャツはNGです。

では、一体なぜ白くシンプルなワイシャツかブラウスしかダメなのでしょうか? 

まず白という色についてですが、白色は人に清潔な印象を与える色です。そのため、食品を扱う現場の正装としては白色が適しているのです。

次にTシャツやポロシャツがNGな点については、私服のイメージが強いからです。ワイシャツやブラウスのように襟付きでフォーマルなものと比べるとTシャツはどこかだらしない印象がありますし、ポロシャツはスポーツ用である印象があります。

そのため、食品を扱う現場のイメージとそぐわないのです。これらの理由から食品販売員の服装としては白いシンプルなワイシャツやブラウスが一番適していると言えるのです。

しかし、ただ白いワイシャツとブラウスを着ていればいいという事ではありません。少し黄ばんでいたり、シミがついていたり、しわくちゃなワイシャツ、ブラウスでは不潔感をお客様に与えてしまいます。白いワイシャツとブラウスでも、しっかりと洗濯され、アイロンがけされたシワの無い状態である必要があります。

食品販売員の服装のマナーについて「少し厳しすぎるのでは?」と言われる事もありますが、食品販売は食品を不特定多数の方に販売しますので、お客様を一番不快にさせにくく、クレームされにくい服装という意味でも白いワイシャツやブラウスは適しているのです。

 

いかがでしたか? 「白いワイシャツとブラウス以外はNG」という簡単なルールの裏にもこんなしっかりとした理由があったのです。

 

ジョビアでは販売のお仕事を始めたい方にお仕事をご紹介しています。
興味のある方はこちらからご登録ください(^_^)担当者が追ってご連絡差し上げます。

 

売れる販売員がやっている10の基本テクニック〜会話の引き出しづくり応用編

2015/11/11

267374

こんにちは! ジョビアです!

前回は「お客様との会話に困ったら天気の話題を持ち出そう」という会話の引き出しづくりの基礎テクニックをご紹介させていただきましたが、実践された方はいらっしゃいますか? 今回は前回に引き続き、よりお客様との話を盛り上げるために知っておきたい引き出しづくりの応用テクニックをご紹介します。

 

お客様との会話で困らないために知っておきたい3つの話題

売れる販売員は「話が上手い」のではなく「話の話題が豊富」だということは前回お話したと思います。ですから、話の引き出しは1つでも多く持っているに越した事はありません。

では、天気の話題以外にどのような話の引き出しを持っていればいいのでしょうか? 

まず天気の話題の次にオススメなのはお店周辺のグルメ情報です。

お店周辺に新しくオープンしたカフェや、美味しいお店などを「食べログ」や雑誌などでチェックしておくといいでしょう。

例えば女性のお客様であれば、服のアドバイスの合間に「そういえば隣に新しくオープンしたクレープ屋さんって行きましたか?」など周辺のグルメ情報を話してみましょう。

「え? 行った事ないです。今度行ってみますね」や中には

「どのクレープが美味しかったですか?」など会話が盛り上がる可能性があります。

食の話題は天気と同じで年齢や性別関係なく万能の話題ですし、さらにはお店周辺のグルメ情報のため、買い物後に寄るカフェや、スイーツ屋さん、食べ物屋さんなどを探している可能性もあります。

そのためにも「食べログ」や雑誌のチェック、休憩中や業務後に周辺のレストランを使ってみる事を習慣づけてみましょう。

また、グルメ情報だけでなく、YahooやLINEなどに上がっている最新ニュースや、お客様が持っている物を話題として持ち出すのも効果的です。

例えば

「例年のように渋谷はハロウィンで大騒ぎだったみたいですね。お客様もどこか行かれたんですか?」や

「そのバックいい色ですね。青色がお好きなんですか?」

といった具合に、お客様にさりげなく話をしてみるといいでしょう。

グルメ、最新ニュース、お客様の持ち物は年齢関係なく話せることですので、皆さんもこの3つの話題の調査を習慣づけてみてはいかがでしょうか?

 

ジョビアでは販売のお仕事を始めたい方にお仕事をご紹介しています。
興味のある方はこちらからご登録ください(^_^)担当者が追ってご連絡差し上げます。

 

身だしなみは指先から! 食品販売員が心がけておきたい指先のマナーとは?

2015/11/04

『身だしなみは指先から! 食品販売員が心がけておきたい指先のマナーとは?』

こんにちは! ジョビアです!

皆さんは日頃から指先の手入れをきちんとしていますか? 

指先は服装や髪型よりも目立たないように思えて、実はそれと同じ位人に見られやすいポイントなのです。そのため、食品販売員のように見た目に清潔感が求められる職業において、指先のケアはとても大切になってきます。今回はそんな食品販売員が心がけておきたい指先のマナーについてご紹介します。

 

 

清潔感のある指先とは?

お客様に商品を渡す際、またお金を受け取ったり、お釣りを渡す際にお客様の視線はちょうど商品やお金に向きます。その時一緒に目につきやすいのが指先です。

例えば商品を渡して来た販売員の指がささくれだらけだったり、深爪だったりしたらどうでしょうか? それに気づかなかった場合はいいですが、もし気づいてしまったら、なんだか嫌な気分になってしまいますよね。

また、せっかく美味しそうに感じた食品にも「本当に衛星的に大丈夫かな?」と少し気になってしまうかもしれません。このように指先は目立たないようで、実はよく見えてしまうポイントなのです。

では、どうすれば清潔感のある指先にすることができるのでしょうか? 

まずは見た目です。次の3つについてチェックしてみてください。

 

①爪は綺麗に切りそろえられているか? 

②絆創膏を指先に貼っていないか? もし貼っている場合は指サックやビニール手袋を着用しよう。

③マニキュアやネイルをしていないか? 爪磨きで綺麗に爪を磨いておこう。

④結婚指輪以外の指輪をはめていないかどうか? 

 

次に見た目だけでなく、仕事前にしっかりと手と指1本1本を石鹸で丁寧に洗いましょう。

この時、菌が溜まりやすく、また洗い忘れやすい指と指の間や手首のあたりまでしっかりと洗うのがポイントです。食品販売の現場では特にO157やノロウィルスなどに配慮しなければいけませんから、しっかりと行いましょう。

 

いかがでしたか? 身だしなみは指先からと言いますが、まさに食品販売員にとって指先は特に清潔に保たなければいけない部位です。いままで指先をあまり意識していなかった方も、これを機に意識してみてはいかがでしょうか?

 

ジョビアでは販売のお仕事を始めたい方にお仕事をご紹介しています。
興味のある方はこちらからご登録ください(^_^)担当者が追ってご連絡差し上げます。

 

売れる販売員がやっている基本テクニック〜会話の引き出しづくり基礎編 お天気の話は鉄板

2015/11/04

『売れる販売員がやっている10の基本テクニック〜会話の引き出しづくり基礎編』

こんにちは! ジョビアです!

11月に入り、風がより一層冷たくなってきました。

ところで皆さんはお客様へのお声がけをした際、お客様とどんな話をされますか? 

服のアドバイスだけでなく「最近寒いですよね」「昨日こんなニュースがありましたよね」など世間話をされる方も多いでしょう。

しかし、中には「お客様に何か話さなきゃ」と思いながらも「何を話せばいいか分からず、お客様との間に妙な沈黙が出来てしまう」という方も多いのではないでしょうか。

実は話の引き出し作りも販売員にとって大切なテクニックです。今回はどのように会話の引き出しを作り、お客様との話をしていけばいいのか? 

その基本テクニックをご紹介しましょう。 

 

会話に困ったら天気の話題を持ち出そう!

売れる販売員はよく「あの人は話すのが上手いから」と言われます。中にはそういった天性の話術を持っている方もいらっしゃると思いますが、ほとんどの方は「話すのが上手い」のではなく「話す話題が豊富」なのです。話題が豊富なほど老若男女、様々なお客様に合わせたトークをすることができますから、よりお客様との心の距離を縮めることができます。

実はこのような売れる販売員には共通の習慣があります。その習慣とは、毎朝・昼・夜に天気予報をチェックする事です。なぜ天気予報なのでしょうか? 

それは「天気予報は誰にでも通じる話題」だからです。

天気を気にしない方はいませんから、もしお客様との話に詰まったら「今日は今年一番の冷え込みみたいですよ」「もう衣替えはされましたか?」「今日は午後から雨が降るみたいですよ」など天気の話題を持ち出してみましょう。

例えあまり話さないようなお客様でも「そうなんですか。知らなかったです」「えっ? そうなんですか? 洗濯物干しっぱなしで来ちゃいました」など100%ではありませんが会話が盛り上がるかもしれません。そのためにも毎朝・昼・夜と天気予報を細めにチェックすることを習慣づけてみましょう。

天気の話題であれば、例えお客様と話すのが苦手な販売員の方でも簡単に話をすることが出来ると思います。もしお客様との話が上手く出来ないと悩んでいる方はぜひこのテクニックを実践してみてくださいね。

 

ジョビアでは販売のお仕事を始めたい方にお仕事をご紹介しています。
興味のある方はこちらからご登録ください(^_^)担当者が追ってご連絡差し上げます。

 

10月29日☆☆ららぽーと海老名OPENしました!!

2015/11/02

ららぽーと海老名OPENいたしました! 

小田急小田原線、相模鉄道本線、JR相模線の3路線が乗り入れをする「海老名」駅と

新しい連絡デッキで駅直結なのでアクセスも抜群ですよ!

待ちに待ったグランドOPENです。神奈川県央の新しいランドマークとなる商業施設 海老名ららぽーと

混雑1

初日は 大変混雑していました!!前にすすめないくらいの人・人・人です!!

 

高島屋3 高島屋高島屋6

ららぽーと内に株式会社高島屋の新業態サテライトショップ 「タカシマヤスタイルメゾン」 出店しています。

 

えびせんスタッフ     えびせん

限定かっぱえびせん!海老名といえばえびせんですね♪可愛いですlaugh

ジョビアスタッフさんも活躍しています!

神奈川県央の新しいランドマークとなる商業施設 海老名ららぽーと 

是非みなさんも話題スポット海老名にお立ち寄りくださいね☆

女性

販売・接客・パートのお仕事をご紹介します

JOBIA 株式会社ジョビア

〒220-0004
横浜市西区北幸1-11-11 NOF横浜西口ビル8階

0120-99-8282

【受付時間】9:00〜17:30

やりたい仕事を自分で探して応募する方

「横浜でアパレルの仕事がしたい!」等、やりたい仕事が決まっている方は、求人検索から探して応募してください。応募後は、当社からご連絡差し上げます!

お仕事を紹介してほしい方

「どんな仕事がいいかわからない」という方は、WEB登録からエントリーしてください。当社からご連絡差し上げますので、一緒にお仕事を探しましょう!

WEB登録

HOMEに戻る